« 目が覚めました(3/18 ナビ杯山形戦) | トップページ | 登録期限直前の動き »

2015年3月22日 (日)

屈辱的な敗戦(3/22 松本戦)

 今日(3/22)はJ1初昇格の松本をアイスタ日本平に迎えての試合でした。2試合続けてチケットが完売したという事で「完売御礼」の横断幕がスタジアムに貼り出されていました。

 結果は敗戦。松本にJ1初勝利を献上する事となってしまいました。松本のサポーターに対して失礼な言い方だと思いますが、本当に「屈辱的な敗戦」だと思います。帰宅した今も怒りがおさまっていません。以下、その怒りにまかせて記事を書く事をご容赦下さい。

<明治安田生命J1リーグ 1st.stage 第3節 於 IAIスタジアム日本平

 清水エスパルス 0-1 松本山雅FC

Cimg0933_small

 「なめてかかったら、思い切り注文相撲に嵌って負けた」という事に尽きますね。

 特に前半は酷かったです。松本はボールを持ったら前線に長いボールを入れてセカンドボールを狙うという戦いを徹底してきました。当然それは想定していたはずなのですが、それに対してバタバタするばかりで、落ち着いて対応する事が殆どできていなかった気がします。失点シーンも二列目からの飛び出しに全く反応してませんでしたしね。で、それ以上に酷かったのが攻撃。松本が長いボールを送るのにお付き合いするかのようにロングボールを送るばかり。「両サイドのウラを狙う」のがゲームプランだったようですが、それ以前の状態で、ボールを落ち着かせる事が全くできていませんでした。確かに松本のチェックは厳しかったので多少は慌てる事はあるでしょうが、あんな蹴り合いはエスパのサッカーじゃないでしょ。「これでは厳しい」と思ってました。

 後半、さすがにまずいと思ったのか、前半よりは丁寧につなぐようにはなりました。ただリードしている松本は専守防衛に徹してきて、それに伴って今度は「引いた相手をどう崩すか」という去年からの課題がモロに顔を出す事になってしまいました。この場合サイドを有効利用するのが常道だと思うのですが、この日のエスパは本来はCBの三浦と犬飼。このためなかなかサイドで数的優位を作りながら崩すという事が殆ど出来ず、クロスは真ん中ではじき返されるばかりでした。頼みの村田は足元で受けてから仕掛ける事しかせずに、自ら持ち味を放棄した感じになるし、長沢、ウタカがいくつか惜しいシュートを放つ事もありましたがゴールまでは至らず、結局リーグ戦では2試合続けて無得点となり、黒星を喫してしまいました。

 結局、前半蹴り合いに終始してしまった事が一番の敗因だと思います。で、何でそうなったかと考えると、松本をなめていたとしか思えないんですよね。で、思ったより手強くて慌ててしまったという事じゃないかなと。でも、ウチは昨季J1に残ったチームの中で一番弱いんですよ。だから相手よりも戦わないと勝てないんです。その自覚もなしに、ただここ2試合の結果が悪くなかったからといって油断したから、この敗戦につながったんだと思います。少なくとも開幕戦の時に感じた「熱」をエスパからは感じませんでした。その事を選手・スタッフは恥じるべきだし、二度とこんなフヌけた試合をしないで欲しいです。

 とはいえ、我々サポーターにも同じような慢心がなかったかと言えばウソになると思います。少なくとも僕は慢心してました。だから我々自身も反省しなければならないでしょう。

 この後はナショナルマッチウィークが入るため、来週はナビ杯のアウェイの横浜FM戦です。ヤコヴィッチがいなくなりますし厳しい試合になるでしょうが、この日の悔しさを払拭する試合を見せて欲しいです。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

|

« 目が覚めました(3/18 ナビ杯山形戦) | トップページ | 登録期限直前の動き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185705/61322034

この記事へのトラックバック一覧です: 屈辱的な敗戦(3/22 松本戦):

« 目が覚めました(3/18 ナビ杯山形戦) | トップページ | 登録期限直前の動き »