« 我慢の勝利(10/22 新潟戦) | トップページ | 起死回生(11/2 川崎戦) »

2014年10月29日 (水)

付け焼刃(10/26 広島戦)

 一昨日(10/26)は広島戦を見に行って来ました。実はアイズタ日本平へ行くのは今月は初めてで、サポがバス待ちする姿も初めて見ました。頭の下がる思いです。

 その気持ちに応えたかったところでしょうが、結果は完敗。また降格圏に逆戻りという事で、鬱々とした状況が続きますね。

<J1 第30節 於 IAIスタジアム日本平

 清水エスパルス 1ー3 サンフレッチェ広島

Cimg0863_small

 こちらとしてはきちんと準備をして臨んだつもりだったのですが相手が一枚上手だった、そういう試合だったかなと思います。「付け焼刃」の対策だけで勝てる相手ではなかったですね。

 広島の「2シャドー」を警戒した大榎監督は、藤田を抜擢して本田とダブルボランチを組ませ、その2人が相手の2シャドーを見るようにして真ん中へのタテパスをできるだけ入れさせないのが狙いだったようですが、前半の途中まではある程度その策が機能していました。しっかりとタテを切ってサイドに追い込みボールを奪う事ができていて、また攻から守への切り替えも早かったので広島に思うような攻撃をさせていませんでした。ただ広島の守備ブロックはなかなか堅固で、ボールは保持できるんだけどなかなかシュートまではいかないという時間帯が続きました。また守から攻への切り替えがこの日は遅くて、それが攻撃をさらに停滞させていた感はありますね。そうやっているうちにだんだんエスパの選手達の方が焦れてきて無理なタテパスを狙うようになり、それをカットしてカウンターを仕掛けた広島が2度目の決定機で先制。こうなると守りを固めた広島相手にさらに攻めあぐねるようになり、カウンターにもさらされて、2~3回両サイドへ振られたあげくに真ん中のマークを見失って2失点目。後半は俊幸が入った時間帯に少し攻撃が活気付いた時間帯がありましたが、基本的には攻めあぐねてボールを奪われてはカウンターを受ける事が繰り返された感じで、結果としては完敗でした。

 まあ付け焼刃の戦い方を選択したチームといつも通り熟成した戦いをしたチームとの差がモロに出た気がします。ただ戦い方そのものが間違っていたとは思いません。実際、前半途中まではある程度機能していたわけですから。だから戦い方を徹底しきれなかった事が敗因の1つかなと思ってます。例えば、藤田のスタメン起用とベンチメンバーを見て「これは前半0-0、後半に途中出場の選手で活性化させて勝ち越す狙いかな」と思ったんですよね。それを考えると、前半こちらがあそこまで焦れる必要はなかったんじゃないかなと思います。ボールを保持していれば失点する事はないですからね。守り方にしても、大榎監督は「サイドはある程度捨てていた」と会見で述べてますが、そのわりにサイドチェンジを1~2回されただけでマークを見失ってしまう両CBって、という気がします。まあ戦い方が徹底されてなかったというか、それも含めて「付け焼刃」でしかなかったですね。

 あとウチと広島とで差を感じたのが、ロングボールの使い方ですね。広島がロングボールによってシンプルに空いている選手を使ってチャンスを広げていたのに対し、ウチは殆どロングボールは使わずショートパス一辺倒。だからすごくロスをしている感じがしましたし、同サイドに人が固まって肝心の真ん中に人数がいないという場面が再三ありました。広島みたいにもう少しサイドチェンジを織り交ぜる事で相手のブロックをスライドさせて穴を作らせる工夫が必要だったと思うし、ショートパスにこだわるならもっとボールを引き出す動きが必要です。その意味で足元のパスがこの日は多過ぎました。この後最終節で同じように5人を最終ラインに並べた甲府と戦うだけに、今からそういった事を意識して欲しいです。

 甲府が勝った事で、再び16位となりました。最終節で笑えればいいと思っているので1試合1試合に一喜一憂しないようにとは思いますが、次節にアウェーでの川崎戦を控えるだけに、できれば降格圏入りは避けたかったところです。まあ終わってしまった事は仕方ないので、川崎戦に向けて最善の準備をして欲しいと思います。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

|

« 我慢の勝利(10/22 新潟戦) | トップページ | 起死回生(11/2 川崎戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185705/60560264

この記事へのトラックバック一覧です: 付け焼刃(10/26 広島戦):

« 我慢の勝利(10/22 新潟戦) | トップページ | 起死回生(11/2 川崎戦) »