« ひと月ぶりのリーグ戦勝利(4/6 甲府戦) | トップページ | 3連勝(4/19 徳島戦) »

2014年4月13日 (日)

リーグ戦ホーム初勝利(4/12 大宮戦)

 昨日(4/12)はホーム・アイスタ日本平での大宮戦でした。先週行った甲府と比べて暖かくて気持ち良かったです。まあ今思えば、先週はちょっと防寒対策が甘かったなと思いますが。

 前のF東がその前の節に大敗したのを受けて立て直してきたし、で、今回の大宮も前節神戸に0-3で敗れているので、きちっと立て直してくるだろうからやりにくいなと思ってました。案の定楽な試合とはなりませんでしたが、何とか勝利。心配が杞憂に終わって良かったし、久々に生で勝ちロコが見れて良かったです。

<J1 第7節 於 IAIスタジアム日本平>

 清水エスパルス 2ー0 大宮アルディージャ

Cimg0711_small

 最後まで気を抜けない展開ではありましたが、久々に内容でも満足のいく試合だったかなと思います。

 まず守備からですが、安定していたと思います。前半の最初の20分は大宮にボールを持たれましたが、真ん中へのクサビのボールを入れさせない守りができていました。で、前からいけるとなったら長沢のプレスをスイッチにして中盤の選手がどんどんボールホルダーにプレッシャーをかけていって、大宮の選手を自由にさせませんでした。課題となっていた両サイドのウラのスペースも吉田とヤコヴィッチが上手く対処するようになって、安定してきたかなと思います。まあ後半に六平、竹内の運動量が落ちてきてから大宮にペースを握られて、3回ほど決定機を作られましたが、90分間自分達のペースで試合を続けるのは不可能に近いですし、90分間のペース配分を2人には考えてもらって、周りはそのフォローをどうするかを考えてくれればいいのかなと思います。何にせよ、守備のバランスがよくなってきているのは確かですね。

 攻撃についても、良くなってきていると思います。まず長沢へ単純に当てるというのが少なくなってきているかなと思いますね。その分サイドへボールをつける事が多かったと思うのですが、悪い時は詰まってしまってバックパスという事が多かったのですが、この日はSB、SHの2人にボランチまで絡んでパスワークで崩す場面が何回かありました。全体的に選手間の距離感が良くなっていて、詰まりそうになってもサポートに入った選手へのパスで打開する場面が増えてきて、少なくとも前節よりはバックパスは減ったという印象があります。サイドからクロスを入れる時も2トップを含めて3人くらいがゴール前に入っているし、攻撃時のバランスも良くなってきていますね。またこの日はカウンターでも何回かいい形を作っていて、それにより終盤の大宮の攻撃の勢いを削ぐ事ができました。前節やナビ杯G大阪戦のように終盤押されっぱなしにならなかったのは評価できると思います。

 ただ攻撃面が良くなっているわりに、トドメをさしたのがアディショナルタイムってのはやはり課題となるでしょうね。前半でも決定機は2度あったし、それに準じるチャンスもありました。決めるところを決めるってのはもちろん課題なのですが、その前のラストパスの精度があまり高くなかったですよね。吉田なんかは、前半から大宮の右サイドを蹂躙していたのですが、アシストはできませんでしたからね(もっとも彼はラストパス以外では非常に良い仕事をしてくれたと思ってますが)。まあ全体的にアタッキング・サードの精度を上げないと、と思いましたし、逆にそこまではボールを運ぶ事ができているので、次はそこの精度を上げていって欲しいです。

 これで公式戦3連勝。しかも3連続クリーンシートと、チームがいい感じにのってきています。次はアウェイでの徳島戦となります。相手はチーム状態が良くないですが、ホームですし死にもの狂いで来るでしょう。そういう相手につい受身になってしまう傾向がウチにはあるので、そうならないよう気を引き締めて臨んで欲しいですね。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

|

« ひと月ぶりのリーグ戦勝利(4/6 甲府戦) | トップページ | 3連勝(4/19 徳島戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185705/59463224

この記事へのトラックバック一覧です: リーグ戦ホーム初勝利(4/12 大宮戦):

« ひと月ぶりのリーグ戦勝利(4/6 甲府戦) | トップページ | 3連勝(4/19 徳島戦) »