« 悔しい敗戦(11/16 天皇杯仙台戦) | トップページ | しょっぱいけど勝ちは勝ち(11/23 大宮戦) »

2013年11月20日 (水)

男子代表ベルギー遠征

 先週から日本の男子A代表がベルギーへ遠征して、オランダ、ベルギーと親善試合を行いました。どちらもネームバリューのある選手を揃えたチームなので、どちらも見ました。以下、2試合の感想を簡単に(?)書きたいと思います。

○対オランダ戦

 前半開始早々につまらないミスで先制を許し、さらにオランダの見事なパス交換からロッペンに2点目を奪われた時点では、それまでのネガティブな雰囲気を引きずっているような感じでしたが、大迫のゴールで息を吹き返しましたね。また後半開始での選手交代によって、日本は一気にペースアップし、オランダは逆に機能不全に陥って、完全に日本のペースになりました。まあデ・ヨンクが怪我で下がってしまったという幸運はあったにせよ、後半の戦いぶりに関しては文句のつけようがないです。2点目なんてホント綺麗な崩しだし、久々にA代表で面白い試合を見たと思いました。

○対ベルギー戦

 ベルギーは個々の選手の能力が非常に高かったです。アザール、ルカク、ミララスは簡単には止められませんでした。ただリトリートする時はリトリートしプレスがかけられそうならかけるというようなメリハリができていたし、チームとして上手く守れていたんじゃないかと思います。攻撃に関しては、最初はベルギーのブロックをなかなか破れませんでしたが、粘り強くサイドの綻びを突いて同点に追いつくと、遠藤を入れてギアを上げた後半は、遠藤、本田を軸にして相手を翻弄する事ができました。コンパニ不在とはいえ、堅守のベルギーから3点とれたというのは自信に思っていいと思います。ただ、1失点目のようなつまんないミスで失点してしまうのは、もう勘弁して欲しいですね。

 という事で、遠征が始まる前は「ボロボロにされるのでは」と思っていたのが、望外の成果を得る事ができました。あちこちで語られている事ですが、ザッケローニ監督がこれまでとはうって変わってコンディションの良い選手をどんどん起用していったのが、チームにいい刺激を与える事になったんじゃないかなと思います。これまでと違ってあまりこねくり回さずに前への意識を高めていった事と攻守の切り替えが非常に早かったのも好印象です。まあ親善試合なので有頂天になるのは控えなくてはなりませんが、W杯に向けていい雰囲気で年を越せる感じになったのはいい事ですね。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

|

« 悔しい敗戦(11/16 天皇杯仙台戦) | トップページ | しょっぱいけど勝ちは勝ち(11/23 大宮戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男子代表ベルギー遠征:

« 悔しい敗戦(11/16 天皇杯仙台戦) | トップページ | しょっぱいけど勝ちは勝ち(11/23 大宮戦) »