« 薄氷の勝利(10/14 天皇杯金沢戦) | トップページ | J1残留確定(10/19 鳥栖戦) »

2013年10月16日 (水)

男子代表ベラルーシ戦

 昨日(10/15)はヨーロッパ遠征の2戦目となるベラルーシ戦でした。前回のセルビア戦のモヤモヤを吹き飛ばす試合を期待したのですが、かえってモヤモヤの度合いがヒドくなっちゃいましたね。

 昨日の試合の率直な感想は、「つまんねー試合」です。

 ただ漫然と、それも同じテンポでパスを回して簡単にはね返さるというのを90分続けたという印象しかないです。おまけに狭い局面でショートパスをつなぐ事しかしないから、相手にとったらさぞ守りやすいでしょ。ベラルーシの方がよっぽど理にかなった攻めをしてましたよ。スペースの使い方がうまいしサイドチェンジを使って日本のブロックを広げようとしてきました。ボールテクニックは日本の方が上だったかもしれませんが、ベラルーシの方がサッカーをよく知っていたという印象です。

 で、さらに問題なのが、またセルビア戦と同じスタメンを使い、選手交代も遅かった事。香川、遠藤、岡崎あたりは明らかに調子が良くなかったのに、最後まで使われたのが不思議でなりません。またスタメンの固定化によってチームの熟成度が上がればいいですが、試合を重ねるごとに出来が悪くなっていくのはどういう事なんでしょうね。終盤は各自勝手な事をやっているばかりだし。本田の自分本位なボールキープを見るたびにムカつきましたね。

 サッカーはメンバーを固定化させて試合を重ねれば良くなるというものではないでしょう。この日の数少ないトライのうち、3-4-3は失敗として、交代出場した森重、山口が堂々としたプレイを見せてくれました。こういうのはトライしてこそ得られるものです。何より競争原理が働かないと良い「グループ」にはならないと思います。「11人の良いチーム」を作るんじゃなくて「良いグループ」を作る事をもっと考えて欲しいですね。

 ただザッケローニ監督の事だから、次の試合も「いつもの11人」で臨むんでしょうね。となると次の相手となるオランダ、ベルギー(まだウワサレベル)に、この「頑迷固陋」さをこなごなにするような鉄槌を下してくれる事を期待しないといけないんでしょうかねぇ。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

|

« 薄氷の勝利(10/14 天皇杯金沢戦) | トップページ | J1残留確定(10/19 鳥栖戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男子代表ベラルーシ戦:

« 薄氷の勝利(10/14 天皇杯金沢戦) | トップページ | J1残留確定(10/19 鳥栖戦) »