« 2度目の連勝(8/31 大分戦) | トップページ | またも逆転勝ち(9/14 名古屋戦) »

2013年9月 8日 (日)

新たなダービー(9/7 天皇杯藤枝MYFC戦)

 昨日(9/7)は天皇杯の初戦となる対藤枝MYFC戦でした。いつの間にかこんな時期になったんだって感じがしますね。

 藤枝MYFCと公式戦で戦うのは初めてです。エスパにとって3つ目のローカル・ダービーとなりますね。試合も所々で見所があって、楽しい試合でした。まあ勝てたから「楽しい」と思えたというのもありますが。

<第93回天皇杯全日本サッカー選手権2回戦 於 IAIスタジアム日本平

 清水エスパルス 2ー0 藤枝MYFC

Cimg0507_small

 藤枝MYFCは要所に俊秀、石井、西山といったJ経験者を揃え、特に守備時においてきっちりブロックを作って粘り強く守る事のできる好チームでした。攻撃はプレッシャーを受けて長いボールを蹴らざるを得ない場面が多かったですが、それでもサイドでの崩しからこちらを慌てさせる場面が何度かあったし、個の力が上がってくれば面白いチームになるかもと感じました。

 そんな藤枝MYFC相手に、前半は攻めあぐねましたね。中へのパスはきっちりケアされていて、サイドへ出す事が多かったですが、サイドの2人が連係で崩す事がなかったから、サイドへボールが渡ってもそこで詰まっちゃって結局戻してしまう場面が多かったと思います。またボランチのうち浩太と本田がサイドの選手をフォローする必要があったと思うのですが、サイドの選手より後ろにいる事が多かったので、距離が遠くてフォローしきれない場面が多かったように思います。まあ本田は「前の方につなごう」という意識はあったと思うのですが、浩太の方はボールを受けても前へ出せずに戻していまう場面が多くて「前への推進力」を出せなかったので、そこは浩太の今後の課題じゃないかと思います。

 後半も最初の10分は前半と同じモヤモヤした感じで、藤枝に「あわや」と思わせる場面を作られてしまいましたが、浩太に代えて村田を入れてから雰囲気が変わりました。彼がボールを持ったらどんどん前へ進んで仕掛けてくれるので、少しずつ相手のブロックが下がり始め、押し込む事ができました。村田自身も惜しいシュートを3~4本打っているし、MOMを選ぶとするなら村田ですね。試合の方はセットプレーからエスパが2点を入れて、最後は危なげなく勝利する事ができました。

 やはり引いて守る相手をどう崩すかというのは課題ですね。カウンター気味の戦術で「7人で守って3人で攻める」というやり方なら今でもある程度できるのですが、それだけだとブロックを崩す事はできないので、やはりサイドバックプラス中盤の誰かが攻撃に絡んでくれないと厳しいと思います。そこはもうちょっと詰めて欲しいですね。まあトーナメントは結果が全てなので、勝てたからいいかとは思っていますが。

 次はリーグ戦に戻って、ホームでの名古屋戦です。まだまだ暑い時期でのデーゲームなので厳しいとは思いますが、頑張って結果を残して欲しいですね。

 最後に、藤枝MYFCの選手達がエスパのゴール裏に挨拶に来てくれた時の写真を載せておきます。俊秀やイチ、石田、藤牧といったエスパと馴染みのある選手がいたからできた事かもしれませんが、こういうのはいいですね。磐田とやる時のまさにダービーといった雰囲気もいいですが、どこか和やかな雰囲気のダービーがあってもいいと思います。いつかトップカテゴリーでこういう雰囲気のダービーをしたいですね。

Cimg0509_small

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

|

« 2度目の連勝(8/31 大分戦) | トップページ | またも逆転勝ち(9/14 名古屋戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185705/58151363

この記事へのトラックバック一覧です: 新たなダービー(9/7 天皇杯藤枝MYFC戦):

« 2度目の連勝(8/31 大分戦) | トップページ | またも逆転勝ち(9/14 名古屋戦) »