« 男子代表中国戦 | トップページ | 夏の移籍マーケットその2 »

2013年7月24日 (水)

夏の移籍マーケットその1

 Jリーグは既に夏の移籍のウィンドウが開いています。ただエスパに関しては、3月の悲惨な状態のままならアレですがどうにか中位よりちょい下くらいを維持しているので、「今年は去年と違って関係ないだろう」と思ってました。が、今週に入ってからウワサとか報道がガンガン流れ出して騒がしくなり、今日(7/24)そのうちの1つが公式発表されました。

 本田 拓也選手完全移籍にて加入決定のお知らせ

 ボランチは今のチームでは浩太と村松が確固たるポジションを築き、かつ竹内、六平といった選手が後に控えるポジションなので、「ちょっと補強ポイントが違うんじゃないか」という気がしますが、浩太のCB起用にメドが立ち、竹内、六平は前のポジションもできます。何よりあのボール奪取能力と展開力は魅力なので、90分走れるスタミナさえ戻ればもちろん大きな戦力となってくれるでしょう。

 まあ本人も移籍して早々に大怪我に見舞われて、その後出場機会に恵まれずに悔しい思いをしてきたと思いますが、その悔しさを晴らす場所としてウチを選んでくれたのは嬉しいです。その悔しさを思う存分晴らすべく頑張って欲しいし、一方で2年半の鹿島での在籍期間に学んだであろう鹿島のいい意味での勝利への貪欲さを少しでも伝えてくれると有難いですね。とにかく頑張って欲しいです。

 もう1つのより大きな騒動については、正式発表があり次第コメントしたいと思います。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

|

« 男子代表中国戦 | トップページ | 夏の移籍マーケットその2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185705/57857871

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の移籍マーケットその1:

« 男子代表中国戦 | トップページ | 夏の移籍マーケットその2 »