« 相性(5/25 仙台戦) | トップページ | 男子代表イラク戦 »

2013年6月 4日 (火)

男子代表オーストラリア戦

 今日(6/4)行われたW杯アジア最終予選で、日本はオーストラリアと引き分けて勝ち点1を上積みし、5大会連続のW杯本大会出場を決めました。

 予想以上に難しい試合でしたね。前半は思ったよりもオーストラリアが前に出てきたので一進一退の展開となったし、後半は前半よりボールを持てたものの、オーストラリアのブロックをなかなか引き剥がす事ができず、何回か引き剥がす事ができても最後のシュートの精度を欠いて得点を奪えず、逆にアンラッキーな形で失点してしまって、どうなる事かと思いましたが、あの重圧のかかるPKをよく本田が決めてくれましたね。勝てなかったものの予選は突破する事が全てなんで、まずはホッと一息といったところでしょう。

 とはいえ、この先の1年でやらないといけない事はたくさんあります。前から言われているCBとボランチの層を厚くするというのは焦眉の急というべき課題ですし、それ以上にこの日気になったのはセンターFWのところですね。この日の前田はあまりボールに絡めなかったし、かといってハーフナーもいまひとつなんで、彼らを突き上げる選手の台頭が待ち望まれるところです。候補は何人かいると思うので、東アジア選手権あたりでそうした選手を試す事ができればいいですね。

 このあとは消化試合となったドーハでのイラク戦をこなして、その後はコンフェデレーションズカップです。今の日本の立ち位置を計るいい機会だと思うので、楽しみです。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

|

« 相性(5/25 仙台戦) | トップページ | 男子代表イラク戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185705/57525810

この記事へのトラックバック一覧です: 男子代表オーストラリア戦:

« 相性(5/25 仙台戦) | トップページ | 男子代表イラク戦 »