« 価値あるドロー?(3/2 大宮戦) | トップページ | 妥当な結果(3/16 湘南戦) »

2013年3月 9日 (土)

史上最悪のホーム開幕戦

 今日(3/9)はホーム開幕戦を見に日本平へ行って来ました。ネーミングライツパートナーがIAIさんに変わって最初の試合で、試合前にセレモニーも行われて、ゴール裏サポーターもこれにあわせてコレオを披露し、「IAIスタジアム日本平」緒戦を盛り上げました。

 が、結果は0-5。まさに「惨殺劇」。アウェーでは昔ありましたけど、ホーム開幕戦でこれほどの大惨敗は記憶にないですね。何というか、せっかくネームライツパートナーになってくれたIAIさんやスポンサードしてくれる事になった三菱電機さんに申し訳ない気持ちになりました。

<J1 第2節 於 IAIスタジアム日本平>

 清水エスパルス 0ー5 横浜F・マリノス

Cimg0419_small

 試合後にキャラが「二時間立っていただけだった」というような自虐的なコメントを残してますが、この言葉がすべてを表しているのではないでしょうか。本当になすすべなくやられたという感じでした。

 まず守備。プレスが全く機能しませんでした。ボールの奪いどころを相手のボランチのところに定めていたと思うのですが、横浜FMもそこは警戒していて、最終ラインのところから直接中盤や前線にパスを送ってました。それに対してこちらは最終ラインの選手を追い込んでパスコースを限定する事を全くしないから、こちらの最終ラインと中盤との間に入った選手に簡単にパスを通され、さらにそこからサイドへ出されたりしてどんどん後手にまわっていきました。こうなると最終ラインは怖くてズルズル下がるばかりになり、たまにラインを上げようとすると逆にウラを取られる悪循環。結局、2、4、5失点目はオフサイドのかけ損ないによるもの。ただ主原因は明らかに中盤の機能不全によるものなので、最終ラインばかりを責めるわけにはいきません。大体プレスが機能云々以前にボールホルダーへの寄せがルーズ過ぎます。そういう基本的なところからやり直さないと話にならないと思いました。

 次に攻撃。ここ2戦と全く変わりませんでした。前半なんかが顕著なんですけど、平岡やキャラがボールを持った時に、中盤の選手までが前線に張り付こうとするから、配置が2-4-4みたいになるんですよね。で、前線との距離は遠いし、中盤の選手が降りてきてボールを引き出す事がほとんどないから、結局両サイドのウラへロングボールを蹴るしかなく、そんな可能性の低いボールではあっさり跳ね返されてしまうという悪循環。前半半ば頃に浩太がうまくつなぎに絡んで流れを取り戻しかけた時間帯もありましたが、基本的には選手間の距離が遠すぎて、厳しく寄せられてはボールを奪われる事の繰り返しでした。後半からは瀬沼を入れて2トップにして大宮戦の再現を狙いましたが、経験豊富な横浜FMのCBの前になすすべもなく、前半以上に何もできずに終わってしまいました。

 まず選手間のバランスが悪すぎです。そして横浜FMのように最終ラインと中盤の間に入ってボールを受けるといった工夫がなさ過ぎです。あそこでボールを受けるだけで相手の最終ラインには結構な驚異になるし、そこからサイドの選手のボールを預けるといった次の展開もできるのに、ただウラを狙う動きだけでは、相手守備陣も楽ですよ。一体どんな練習をしてきたのかと思ってしまいました。

 結局、監督に言われた通りにやってはいるものの、これで通用するのか選手も疑心暗鬼になっているんじゃないですかね。で、いい加減これでは結果が出ない事がわかったのですから、そろそろ選手間でパスコースの限定の仕方やパスコースのつくり方について修正すべきところを話し合った方がいいんじゃないですかね。特にパスコースについてはちょっとしたアレンジで変わると思うので、それは話し合って変えていくべき時だと思います。このままではズルズルいくだけです。

 開幕2戦にして早くも7失点。しかもシュート数は2試合とも10本に届かず。これで「日本のアヤックス」だなんて、チャンチャラおかしいです(もっとも某有名サッカーライターのあの記事については、自身の見る目のなさを露呈した格好ですが)。正直今はどことやっても勝てる気はしませんが、とにかく一からやり直すつもりで奮起して欲しいと思います。

 最後に1つ。強化部には、4月になってもチーム状態が好転しなかった場合の対応について、今から検討していく事を強く求めます。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

|

« 価値あるドロー?(3/2 大宮戦) | トップページ | 妥当な結果(3/16 湘南戦) »

コメント

コメ失礼します。
現地応援とレポートお疲れ様です。

私もコメを綴っている自身が痛々しい限りなんですが(苦)、
現体制にはもう期待せず、選手自身が選手同士で自分達の至らない部分を話合って詰めて行く方が賢明かと思います。

ゴトビ体制2年目くらいから個人的にずっと思い続けている不満なんですが、現監督ってシステムやら戦術やらという前に、なぜ基本を鍛えて在籍選手の底上げをまずは・・・ってしないんでしょうね。

今のエスパの選手は、それは大学・高校では通用し、注目され活躍できできた体ではあるのでしょうけど、正直J1でそのまま通用するものなのか?といつも思います。

さらに鍛えて上積みがなければ、いいようにやられる印象ないんですよね。

トシユキがサイドのライン際で、足裏で必死にキープする場面がありますが、数的優位から囲まれ、易々とと奪取されるか苦し紛れのパスを狙われる。

今シーズンだけでも既に何度か見ました。

ひとりひとりがプレスされた局面で、明らかに負けている、否そもそも競って、強引でも前に、という判断がない、できない。

なぜなら、そういう体ができていないから。


それならトレーニングで・・・といっても
個人任せでチームとしては軽視されている、と評されてもおかしくない状況。

ボールをとられて自分の評価を下げるのはイヤだが、監督からはつなげ、連携だ、ポゼッションという。
でも指示に逆らうと使って貰えない状況。

行くつく先は
かわしかわし、ごまかしごまかしのプレー

こういう判断しか選択せぜるを得ない状況に陥っている気がしてなりません。

監督から高い要求・細かい指示がでても
ピッチで表現できないのは当然だと思います。

そもそもJ1で戦う体ができてないんですから。


今年の準備期間も、ろくにフィジカルの底上げも個人の素材任せにして、J1で戦える体にしあげていない事は容易に憶測できます^^;

対戦相手からしたら

清水は若い選手、技術の高い選手は多い(建前)
清水はフィジカルのない選手が多い上に選手間が間延びしているので、数的優位で囲めば向こうからミスしてくれる。(本音)

そんなとこだろうと思い続けています。


心配なのは
次節アウェイでもまったく修正できず、
(というかそういう能力・手腕がないから去年の後半からは特にグダグダだと思うのですが)
どんどん客足が途絶えることです。

私も実はHome開幕ということもあり、
YANAさん同様昨日は現地参戦(ゴル裏)してきましたが、声を張り上げて応援する気が続かないといいますか、今年もテレビでみてれば充分、と思ってしまう内容でした。

同じ考え方になってしまうサポが増えないといいんですけどね。

YANAさんは我慢強いですね!
私なんてもう3月いっぱいで現体制の進退に動きがあってほしいと思っていますよ。

投稿: しゅん | 2013年3月10日 (日) 13時10分

しゅんさん、コメントありがとうございます。

お互いこういう非生産的なグチは言いたくないですよね。
まあこれ以上ない完敗を喫したわけなんで、
これを機に選手達が目覚めるのを祈るばかりです。

なお僕はあまり我慢強くはないですよ。
ただ「ここで解任すると違約金が」といった財布の面を
考えて抑制しているだけです。
一方で今季は6月いっぱいをチーム再構築にあてられるので、
それまでには決断すべきとも思っています。

投稿: YANA | 2013年3月10日 (日) 23時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185705/56922477

この記事へのトラックバック一覧です: 史上最悪のホーム開幕戦:

« 価値あるドロー?(3/2 大宮戦) | トップページ | 妥当な結果(3/16 湘南戦) »