« 新チーム始動 | トップページ | 「アウスタ」最後の試合(サテ新潟戦) »

2013年2月17日 (日)

仕上がりは順調か(2/16 PSM磐田戦)

 昨日は朝に開幕戦のチケットを確保した後、愛鷹でのプレシーズンマッチを見に行って来ました。寒かったですが、防寒の用意をちゃんとしてあったので、それほど寒さにふるえる事なく見れました。

 試合は、開始早々の1点を守りきって、今季対外試合初勝利。一応SDTカップと銘打っていたので、試合後表彰式があり、キャプテンの浩太が少し照れながらカップを掲げてました。見ているこちらもちょっと恥ずかしい感じがしましたが、今後の予行演習になればとも思いました。

<Jリーグプレシーズンマッチ 於 愛鷹広域公園多目的競技場>

 清水エスパルス 1ー0 ジュビロ磐田

Cimg0407_small

 あくまでこの試合はプレシーズンマッチなので、勝敗云々よりもどこまで仕上がってきているかに注目していました。その面では安心できる内容でしたね。

 特によかったのは守備面ですね。4-3-3で狭いブロックを作って前からパスコースを限定し、狙い所にボールが入ったら数人がチェックをかけてボールを奪いにいくという守備スタイルが徹底されていました。長いボールで揺さぶられる場面も多かったですが、最終ラインと中盤が素早くポジションを修正し、キャラを中心に落ち着いてばね返す事ができていました。昨季の開幕戦の名古屋戦でも前からの積極的なプレスが印象に残りましたが、今季も既にその頃のレベルまでもってこれているなという印象です。両SBのウラをとられた時だけ若干の不安を感じましたが、それでも流れの中からは2回しか磐田に決定機を与えていないし、いい感じできていると思います。

 攻撃に関しては、試合前の注目点として「リトリートした相手に対するビルドアップが課題だったのに3ボランチを導入してどのように崩していくのかな」と考えていたのが、開始早々に先制できた事でその注目点について見る事があまりできなかったので、正直評価が難しいです。それ以前の話として、あれだけ前でボールを奪いながらそこからの流れで得点できなかったので、攻撃に関しては課題ありというところでしょう。ただ去年と違ってウィングを中へ絞らせたり、MFのイ ミンス、村松にSBの更に外をまわらせたりと、かなり流動的にポジションを変えながら崩していこうとしていたのは興味深かったです。攻撃に関して手をつけだしたのは最近のようなので、次の新潟とのPSMではもう少しチームとしての攻撃の精度を上げた姿が見たいですね。

 あと注目していたのは新戦力についてですが、バレーはやっぱり存在感がありますね。相手を背にしても簡単にボールをとられないし、真ん中に軸ができたのは大きいなと思います。あとイ ミンスは良かったですね。中盤でのチェックはちゃんとさぼらずにやってくれるし、攻撃の際の運動量も多かったので、この先期待できそうです。

 次は週末に新潟とのPSMがあります。この日も行く予定です(残念ながらサテライトの試合は都合で行けませんが)。守備はある程度メドがたったので、次は攻撃面に期待したいですね。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

|

« 新チーム始動 | トップページ | 「アウスタ」最後の試合(サテ新潟戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185705/56780568

この記事へのトラックバック一覧です: 仕上がりは順調か(2/16 PSM磐田戦):

« 新チーム始動 | トップページ | 「アウスタ」最後の試合(サテ新潟戦) »