« 消化不良で終わってしまった・・・(12/1 大宮戦) | トップページ | オフの動向その1 »

2012年12月 4日 (火)

大前の移籍報道とゼロ円移籍

 リーグ戦終了の翌日から来季へ向けた動きがさかんに報じられるようになってきました。エスパに関する記事では何と言っても元紀のデュッセルドルフ移籍に関する報道ですね。ヤフーのトップページにも載りましたし。

 まあ10月頃からウワサで聞いていたので、驚きはないです。今季は自身初のリーグ戦ふた桁得点をあげましたし、今季で契約も切れるという事で「今がチャンス」と思ったのでしょう。戦力的には痛いですが代役候補がいないわけではないので、快く送り出してあげたいとは思います。

 が、やはりひっかかるのは、いわゆる「ゼロ円移籍」だという事なんですよねぇ。

 ここでクラブ「だけ」を責めるつもりはないです。当然昨年あたりから契約延長の打診はし続けてきたでしょうから。だからこのタイミングで契約延長をしなかったのは元紀の意思だという事です。もちろん契約延長させるだけの魅力的なオファーを出せなかったのかもしれないし、やりようはあったのかもしれませんが、平均入場者1万5千人という目標に及ばない数字に終わってしまった中で、なかなか無理ができないのも事実です。だからゼロ円移籍の件でクラブ「だけ」を責めるのはアンフェアだと思ってます。

 この問題で悩みを抱えているのはウチだけではありません。資金力で恵まれているはずの名古屋ですら、金崎との契約更新を早々にあきらめる事になっています。C大阪あたりはうまく立ち回っていますが、全般的にはJクラブは欧州のクラブと比べて地位が低く、しかも経営面でもまだまだ脆弱ですから、今後もゼロ円移籍は出るだろうと思います。ただ少しでも選手側の意識を「育ててくれたクラブにお金を残さないと」という意識に持っていく事ができれば、多少なりとも変わると思うんですよね。で、それはクラブに任せるだけじゃなくて、我々サポの側もそういう目で見ていかないといけない気がします。

 なんか取り留めのない文章になってしまいましたが、スタッフとサポが一緒になって、選手が愛着を感じるようなクラブにしていく必要があるし、選手と代理人の側の意識も少しでも変わってくれればと思います。(といいつつ、「加入に関しては、移籍金は安ければ安いほどいい」と思ってるわけですけどね(汗))

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

|

« 消化不良で終わってしまった・・・(12/1 大宮戦) | トップページ | オフの動向その1 »

コメント

>選手側の意識を「育ててくれたクラブにお金を残さないと」という意識に

選手の善意に訴えるやりかたでは、うまくいかないと思います。
正直者がバカを見るだけですから。

海外のように契約切れを待っていたら他のクラブに持っていかれる状況を作り出すしかありません。
その為の試みとして石毛や石井を海外に練習参加させて売り込むというのは良い試みだと思います。

投稿: うーん | 2012年12月 5日 (水) 00時52分

すみません、石井じゃなくて白崎です。
石井ってだれだ!

投稿: うーん | 2012年12月 5日 (水) 01時29分

コメントありがとうございます。

仰る通り「善意」だけではダメでしょうね。
海外のように契約切れ前に移籍させるのが当たり前の
状態になればいいのですが、国内で移籍金を払える
クラブは限られているから、時間はかかるでしょう。

石毛や白崎の売り込みには僕も注目しています。せめて
代理人との力関係は改善したいですし。

投稿: YANA | 2012年12月 5日 (水) 22時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185705/56253654

この記事へのトラックバック一覧です: 大前の移籍報道とゼロ円移籍:

« 消化不良で終わってしまった・・・(12/1 大宮戦) | トップページ | オフの動向その1 »