« 久々のホーム勝利(8/11 名古屋戦) | トップページ | ジミー フランサの退団と新外国人選手獲得 »

2012年8月13日 (月)

ロンドン五輪閉幕

 昨日(8/12)でロンドン五輪が閉幕しました。サッカーについては男女で明暗が分かれました。で、最後の試合の感想を書いていなかったので、以下、その感想です。

○女子 決勝 対アメリカ戦

 パワーとスピードで上回るアメリカ相手に序盤は後手にまわり、開始早々に先制を許してしまいましたが、その後は開き直れたのか、持ち味のパスまわしを活かして攻勢に転じ、何度もアメリカを慌てさせました。後半に追加点を奪われても下を向く事なく、1点を返してさらにあわや同点という場面も作りました。勝てなかったのは残念ですが、アメリカ相手に今大会一番の試合ができたと思うし、見事な銀メダルでした。次は3年後の女子W杯ですが、それに向けて精進して欲しいと思います。

○男子 3位決定戦 対韓国

 ぶっちゃけた話、対戦国がかの国以外であれば、「ベスト4は上出来だよ」と称えられたと思うんですよ。ただ相手が相手なんでねぇ、「ざけんなよ! バカ共が!」と思ってしまうわけですよ。冷静に試合を振り返った時、FWの質や決定力の差が試合を分けたといえるでしょう。先制される前は韓国は日本のパスワークの前にいら立っていましたし、チャンスも少ないながらありました。それを決められずにいるうちにタテポンで先制されて、ガクッとなってしまって、韓国にボールを持たされる展開にさせられてしまいました。やっぱり苦しい展開の中で決めてくれる選手がいるかいないかが結果となって表れてしまいました。まあ今大会は相手がボールキープで優位に立つ事を前提にチーム作りをしてきたので、その限界が出たかなと思います。非常に悔しいですが、W杯というより高いレベルの舞台が待っていますので、そこへ向けて選手1人1人が精進して欲しいと思います。

 なお韓国の選手が試合後に政治的メッセージが書かれたメッセージを掲げた問題についてひと言だけ書くと、メダルはく奪はおろか数年間の選手資格停止処分を受けても文句は言えないと思います。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

|

« 久々のホーム勝利(8/11 名古屋戦) | トップページ | ジミー フランサの退団と新外国人選手獲得 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロンドン五輪閉幕:

« 久々のホーム勝利(8/11 名古屋戦) | トップページ | ジミー フランサの退団と新外国人選手獲得 »