« 五輪サッカー準決勝 | トップページ | 久々のホーム勝利(8/11 名古屋戦) »

2012年8月10日 (金)

最高のバカ試合(8/8 ナビ杯名古屋戦)

 昨日(8/8)のナビ杯の名古屋戦、仕事先を出たのがちょうど怒涛の殴り合いをした後半の半ば頃でした。メールを見ては一喜一憂する状態でした。藤本に3失点目を食らった報を見た時は完全に諦めましたが、ほどなくして同点ゴールの報が入り、さらに終了間際の逆転弾! 現地で観た方はさぞや興奮された事でしょう。一方僕は半分諦めムードでメールを待つ状態だったので、そういう自分が恥ずかしいです。やはり応援し続けるのが大事だな、と思いました。

<ヤマザキナビスコカップ準々決勝2nd. leg 於 名古屋市瑞穂陸上競技場>

 清水エスパルス 4ー3(Total 4-4) 名古屋グランパス

 ※アウェイゴール数でエスパルスが準決勝進出

 まあ名古屋の不出来に助けられた感もありますが、見事に殴り合いを制してくれました。予想をはるかに超えるファイティング・スピリッツを見せてくれた選手達に感謝したいと思います。

 前半から積極的に攻めにいけてましたね。この日もダブルボランチで臨んだのですが、浩太がいいタテのパスを供給し、元紀と俊幸が流動的に動いてそのパスを受けるとともに、河井と吉田のオーバーラップのためのスペースを空けてくれて、そこに2人が侵入する事でサイドを効果的に崩す事ができていました。相変わらずサイドの選手同士での連携がいまひとつなために崩し切るところまではいきませんでしたが、悪い時に見られた最終ラインとサイドでパスがまわるだけというのは少なかったと思いますし、セットプレーも工夫が見られたりして、少しずつ改善してきているという感触は持てました。そうした良い流れで先制点もとれたし、生で観られた方は「これならいける」という感じを持てたのではないでしょうか。

 後半は、監督に喝を入れられた名古屋が猛然と攻めてきて、その流れの中で失点してしまったので、イヤな雰囲気になったと思うのですが、気持ちを途切れさせる事なく次の点を狙いにいって、完全に殴り合いの展開に持ち込んだのが勝因といえば勝因でしょうね。特に逆転された時は気持ちが萎えてもおかしくなかったと思うのですが、ゴールされたすぐ後に猛然とまた殴りにいってましたからね。まあゴール後のリスタートのプレーですぐに同点に追いつけたのが非常に大きかったでしょうが。あれで名古屋は動揺したみたいですからね。まあこのあたりの時間帯はもう理屈じゃなかったですね。諦めずに殴り掛かっていった姿勢が最後に報われたのだと思います。

 名古屋が終始試合巧者らしからぬ試合をした点に救われたのは確かです。特に3-3となった時点で普通ならゲームを終わらせにかかるでしょう。また3失点目の場面など守備に課題を残したのも反省点としてあります。が、こんな試合展開は、2週間前は想像もつきませんでした。まだ勝利が2試合続いただけですが、2試合とも逆転勝ちですし、よく日産スタでの惨敗劇から立ち直ってくれたと、今は選手達を称えたいです。

 前述した通り、まだ2試合勝てただけではありますが、結果が出なかった時期から少しずつ脱し始めているのかもしれません。この暑さの中、中2日での連戦はきついですが、幸い今度の相手とは条件が同じですので、この流れを途切れさせないように頑張って欲しいと思います。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

|

« 五輪サッカー準決勝 | トップページ | 久々のホーム勝利(8/11 名古屋戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185705/55388767

この記事へのトラックバック一覧です: 最高のバカ試合(8/8 ナビ杯名古屋戦):

« 五輪サッカー準決勝 | トップページ | 久々のホーム勝利(8/11 名古屋戦) »