« 久々のお祭り(6/6 ナビ杯札幌戦) | トップページ | 予選突破(6/9 ナビ杯大宮戦) »

2012年6月 9日 (土)

男子代表ヨルダン戦(サッカー三昧その1)

 昨日(6/8)からEUROが始まり、W杯アジア最終予選も2試合目です。とりあえず見た試合の感想を書いていきたいと思います。まずは昨日のヨルダン戦から。

 試合前はもっと苦戦するかと思っていたので、今回の大勝には正直驚いています。特に前半は完璧でしたね。選手間の距離が常に程良く保たれていて、サポートの意識も高く、誰かがサポートのために下がれば誰かがそのスペースへ動き出すというのが徹底されていました。攻から守への切り替えも早く、ボールを奪われてもすぐさま厳しいチェックをかけて、ヨルダンに付け入るスキを与えませんでした。

 後半の立ち上がりがふわっとしたものになってしまって、ヨルダンに何本か危ない形でシュートを打たれた事、本田が交代した後攻撃が中に偏ってしまって、それほど決定的なチャンスを作れなかった事が課題でしょうか。個人で見ても香川がこのチームで自分を活かす術を見出しきれていないのも気になるところです。ただホームでの連勝は必須だと思っていましたが、得失点差+9を得たのは望外の喜びですし、今はチームがいい感じでまわっているなと思います。次はアウェーでこの組の最大のライバルであるオーストラリアと戦いますが、「これはアウェーでも期待できるかな」という気がしますね。楽しみです。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

|

« 久々のお祭り(6/6 ナビ杯札幌戦) | トップページ | 予選突破(6/9 ナビ杯大宮戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男子代表ヨルダン戦(サッカー三昧その1):

« 久々のお祭り(6/6 ナビ杯札幌戦) | トップページ | 予選突破(6/9 ナビ杯大宮戦) »