« EURO3日目 | トップページ | EURO4,5日目 »

2012年6月13日 (水)

男子代表オーストラリア戦

 EURO開幕以来、毎日1試合はEUROを見ていますが、昨日(6/12)は代表の試合と重なったため、「どうしたものかな」と思っていました。ただ思いのほか早く帰る事ができたので、代表戦とEUROの2試合を一気に見ちゃいました。

 でまあ、オーストラリア戦の感想なんですが、オーストラリアで「中東の笛」に悩まされるとは思いませんでしたね。PKは敵将のオジェック氏が「ファウルはなかった」と言っていたくらいだし、栗原の2枚目のイエローもその前に相手選手がオフサイドポジションにいたのを見逃しているし、あげくの果てにロスタイムのFKを蹴らす事なく終了ですからね。まあ審判に関してはオーストラリアから見れば他にPKをとって欲しいと思う場面はあったと思いますし、両チームに公平におかしな判定をされた感じなので、まあしょうがないかなと思いますが、ピッチ状態や相手が攻撃的に来た事など、いろいろなところでアウェイである事を感じました。

 日本としては、オーストラリアがロングボールを多用してくるのはわかっていたはずなのに、簡単に蹴らせてしまい、その結果波状攻撃を浴びてしまったのは反省すべきですし、逆に後半点をとれるところでとれずにズルズルいってしまったのも反省点かなと思います。特に数的優位になった時にボールを大事にし過ぎましたね。ただアウェイでこの組の最大のライバルであるオーストラリアに勝ち点1しか与えなかった事は評価できると思います。イラクも引き分けたみたいで、この組では一歩抜け出た形になりましたしね。次のホームでのイラク戦は、今回ほど十分な準備期間をとれないとは思いますが、何とかホームで勝ち点3をとれるように、まずは個人個人がレベルアップに努めてくれればと思います。

 最後に一つ。やっぱりアレックスは良い選手だなと思いましたね。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

|

« EURO3日目 | トップページ | EURO4,5日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男子代表オーストラリア戦:

« EURO3日目 | トップページ | EURO4,5日目 »