« 男子代表ヨルダン戦(サッカー三昧その1) | トップページ | EURO開幕(サッカー三昧その2) »

2012年6月10日 (日)

予選突破(6/9 ナビ杯大宮戦)

 昨日(6/9)はアウスタ日本平へ行って来ました。夜遅くに代表戦を見た影響か寝坊してしまったのですが、仲間に屋根の下を確保してもらったので助かりました。

 試合の方は、今季2度目の逆転勝ちをおさめ、予選グループ突破を確定させました。白崎のプロ入り初ゴールを見る事もできたし、満足できる観戦となりました。雨の中訪れた他のエスパサポもこの日は気分良く帰れたんじゃないですかね。

<ヤマザキナビスコカップ予選リーグ 第6節 於 アウトソーシングスタジアム日本平>

 清水エスパルス 3ー1 大宮アルディージャ

Cimg0341_small

 札幌戦で大勝した事で、気分よく大宮戦に向けた練習ができていたと聞いていましたが、やはり木曜のうち半日を移動に費やした事がダメージになっていたみたいですね。開始直後こそ厚別で得た勢いをそのままぶつけ何度もチャンスを作りましたが、その後はミスが目立ち始め、15分過ぎからはまったりした展開になってしまいました。そしてその流れの中で、スローインを素早く行われてあっさり失点。完全に集中を欠いた形での失点だったので、「こりゃ負けパターン」だなと思っていたのですが、すぐ後にセットプレーから同点に追いつけたのが良かったですね。失点直後に決定機も作っていたし、失点に対するレスポンスが良かったと思います。こういうのは大事ですね。

 後半もなかなかエンジンがかからず、ボールは持てている割にはなかなかシュートが打てない時間帯が続きました。サイドにボールが入った時にいまひとつボールがテンポ良くまわってなかったので、崩しきれなかったですね。このへんは課題でしょう。ただラッキーな形でPKをもらって勝ち越す事ができ、退場者も出たのでその後は試合を優位に運べるようになりました。PKの判定は、後ろから見ると押したり足を蹴ったように見えたかもしれないので、他にもPKと判定する人もいるだろうと思いますが、元紀もトラップしようとしてバランスを崩しかけていたので、微妙ですね。ましてや一発レッドの判定はちょっと厳しい気がしました。なので「このまま終わるとちょっと後味悪いかな」と思っていたので、白崎のゴールには救われた気がしましたね。あの持ち方から右隅を狙うあたり、新人ばなれしているなと思いました。という事で、終わって見れば快勝という結果となりました。

 内容的にはあまり良くない部類の試合だったと思うのですが、それでもきっちり結果を残すあたりチームとして成長していると感じました。ゴトビ監督がナビ杯で狙っていた「若手に出場機会を与えながら結果を残す」という部分もきちんと実践されています。あとはここで得た自信を先のリーグ戦やナビ杯決勝トーナメントを戦う上での糧としてくれればと思います。

 個人で言うと、石毛のプレーを生で観たのは初めてだったのですが、やはり彼はいいものを持っていますね。トラップ1つで観客をわかす事ができる選手なんてそういませんよ。白崎もスケールの大きさを感じるし、彼らは楽しみですね。で、彼らを支える中堅どころでは、平岡がゴールという結果を出し、浩太が途中出場でいいプレーを見せてくれましたが、大悟にミスが多かったのがちょっと気になりました。

 ナビ杯予選グループの次の試合は6月末。今週からはリーグ戦が再開します。相手は監督が代わったばかりなのでやりにくいですが、相手どうこうよりも自分達の戦いをいかにするかが大事なので、週末の試合に向けて最善の準備をして欲しいと思います。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ

にほんブログ村

|

« 男子代表ヨルダン戦(サッカー三昧その1) | トップページ | EURO開幕(サッカー三昧その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185705/54930857

この記事へのトラックバック一覧です: 予選突破(6/9 ナビ杯大宮戦):

« 男子代表ヨルダン戦(サッカー三昧その1) | トップページ | EURO開幕(サッカー三昧その2) »