« 男子代表オマーン戦 | トップページ | 男子代表ヨルダン戦(サッカー三昧その1) »

2012年6月 7日 (木)

久々のお祭り(6/6 ナビ杯札幌戦)

 昨日(6/6)はナビ杯予選グループの4試合目の札幌戦でした。速報メールが頼りだったわけですが、予想外に早い時間に得点メールが入り、すぐさま2点目のメールが入った時点で勝ちを確信しました。その後も石毛のプロ初ゴールがあったり、浩太の今季初ゴールがあったりしたので、せめてリアルタイムでTV中継を観られればと思いました。

<ヤマザキナビスコカップ予選リーグ 第5節 於 札幌厚別公園競技場>

 清水エスパルス 4ー0 コンサドーレ札幌

 先々週の横浜FM戦からスタメンを3人入れ替えただけの布陣で臨んだエスパに対し、札幌は怪我人の影響もあるでしょうが結構スタメンを入れ替えたみたいで、その差が出たかなという感じがします。特に札幌の最終ラインは10代が3人という若い布陣で、それがバタバタと失点してしまった事で完全に浮き足立ってしまったようで、プレスを受けてはミスを犯すという繰り返しになってしまったので、こんな書き方は失礼かもしれませんが、正直評価するのが難しい試合だなと思っています。

 特に攻撃面は4点をとったものの、評価が難しいですね。今季初めて元紀をCFに起用する新しい布陣にトライして、ある程度の評価はできるかなと思うのですが、もう少し強いCBのいるチームに対してどうかというのを見ないと何とも言えないので、次の大宮戦まで評価は保留かなと思います。元紀自身が決定機がありながら得点できなかったというのもありますしね。あとチーム全体についても、ここのところ引かれてサイドのスペースを消された時にどう攻めるかという点が課題になっていたわけですが、早々に2点をとれた事で、この課題に対する対応が見れなくなったので、この課題も持越しになってしまいました。まあ今月のどこかの試合ではそういうシチュエーションもあると思うので、その時に注目したいと思います。

 とはいえ、収穫も多々ありました。河井と石毛がプロ初ゴール、キジェが来日初ゴールを決めた事。石毛は嬉しそうでしたし、キジェもゴールの後すごく活き活きとプレーしていたので、彼らには自信になった事でしょう。辻尾が怪我から復帰して、何度かいいオーバーラップを見せてくれたのも心強いですし、浩太が試合を重ねるごとにフィットしてきているように見えるので、これも好材料でしょう。海人も出番は少なかったものの、ハイボールへの対応は良かったと思います。そして何より90分通して組織立った守備が機能し、札幌に決定機を与えずシュートを1本許しただけというのは大いに評価していいと思います。横浜FM戦後のオフ明けは結構負荷の高い練習をしていたと聞きますし、こういう試合は気が緩みがちなのですが、そういった感じにならなかったのは良かったです。

 これで予選グループ4連勝。あと勝ち点1を積み上げれば予選グループ突破決定です。今日は長時間の移動になったみたいで疲れはあるでしょうが、ぜひホームで決勝トーナメント進出を決めて欲しいですね。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

|

« 男子代表オマーン戦 | トップページ | 男子代表ヨルダン戦(サッカー三昧その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185705/54902983

この記事へのトラックバック一覧です: 久々のお祭り(6/6 ナビ杯札幌戦):

« 男子代表オマーン戦 | トップページ | 男子代表ヨルダン戦(サッカー三昧その1) »