« EURO12日目 | トップページ | EUROベスト8 »

2012年6月24日 (日)

ただいま停滞中(6/23 鳥栖戦)

 昨日(6/23)は日本平へ行って来ました。試合前、ちょっと雲行きが怪しい時もあったのですが、結局雨が降る事はなく、観客も意外と入っていました。

 リーグ戦で3試合連続無得点だったためか、ゴール裏サポからはしきりと「ゴール」コールが送られました。正直これには違和感を覚えました。確かにあと2点でリーグ戦1000ゴールが達成されるし、ここのところの停滞感を払拭する意味でも「快勝」を期待するのはわかるのですが、鳥栖はエスパと並んでリーグ戦最少失点のチームなので、1-0でも勝てば良かったと思うのです。なのに、相手の事を知りもせずに過剰に自チームにプレッシャーを与えてどうするの、と思いました。まあ、僕はメインスタンドで見ているだけなので、ゴール裏で必死に声を出している人達にあれこれえらそうな事は言えませんけどね。

<J1 第15節 於 アウトソーシングスタジアム日本平>

 清水エスパルス 1ー1 サガン鳥栖

Cimg0346_small

 新潟で感じたモヤモヤを払拭するためにも、この日は勝利が必要でした。PKによる得点のみであっても、勝ちは勝ちです。が、その1点を守りきる事ができず、モヤモヤが膨らんだだけに終わってしまいました。

 攻撃に関しては、新潟戦の後半の続きをやっている感じでしたね。試合の入りに失敗して鳥栖のスローペースに巻き込まれたせいもあるでしょうけど、とにかく最終ラインと両サイド、つまり鳥栖の守備ゾーンの外側でボールをまわしているばかりで、タテへのボールがほとんどありませんでした。低い位置でボールを奪った時に高原へくさびのボールを入れるくらいじゃないですかね。少しボールが前へ進んだと思っても、みんな「前へボールを送る」という選択肢を忘れたかのように横か後ろへパスをまわすばかり。確かに鳥栖の守備組織はしっかりしていたし、タテへボールを入れた途端にボールホルダーが詰められるのは確かです。でもタテへボールを送る事を忘れたパスまわしなんて、全くもって意味がありません。もっと勇気をもってボールを前へ運ぶ、そのためのボールを引き出す動きを惜しまずやるという意識が必要です。新潟戦の前半はできていたのに、後半以降できていないのは残念です。

 守備に関しても、攻撃が停滞している影響を受けたのか、微妙に綻びが出来ていますね。新潟戦に引き続きサイドバックのウラを崩されてしまったし(もっともこの日はミスの要素が大きかったですが)、選手間の距離感が良くないせいで、プレスもいい時に比べて緩くなっています。序盤から鳥栖がロングボールを多用した事でゾーンを広げさせられたせいもあるでしょうけど、守備時のポジショニングについては修正する必要があると思います。

 間に行われたナビ杯3試合は勝っているとはいっても、リーグ戦でここ4試合勝てていないのは選手も気にはしているでしょう。この日はそれが焦りとなって出てしまって、それが悪い方に作用してしまったと思います。確かに攻撃面は明らかに停滞していますからね。基本的にはこれまでの戦い方を変える必要はないと思っていますが、少しウラへのボールを多用してみるといった停滞感を打開するための微修正は必要だと思います。残り6~7分くらいからなりふり構わずアーリークロスを入れるようになりましたが、実はその時間帯が一番得点の可能性を感じた時間帯でした。それが打開策の1つかもしれませんね。実際今一番足りないのは、「前へボールを運ぶ意識」だと思うので。

 もっとも、今一番大事なのは、「変に焦れない事」だとも思ってます。それは選手も、我々サポも。

 この後、チームは水曜にナビ杯の鹿島戦があります。が、お互い決勝トーナメント進出を決めたもの同士なので、可能な限り若手主体で臨めばいいと思います。リーグ戦の大宮戦に向けて最善の準備をして欲しいです。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

|

« EURO12日目 | トップページ | EUROベスト8 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185705/55042364

この記事へのトラックバック一覧です: ただいま停滞中(6/23 鳥栖戦):

« EURO12日目 | トップページ | EUROベスト8 »