« EURO6日目 | トップページ | EURO7,8,9日目 »

2012年6月17日 (日)

情けない敗戦(6/16 新潟戦)

 昨日(6/16)はリーグ戦再開初戦を観に、新潟まで行って来ました。去年はちょうどINAC神戸と新潟レディースの試合が行われたために、えらい人数が詰めかけて、スタジアムに入るのも一苦労といった感じでしたが、今回はそんな事はなく普通に入る事ができました。ただ新潟が監督が代わっての初戦という事でスタジアムDJがすごく煽ったりしていて、正直「やりにくいな」と思っていたのですが、結局新潟の気合に負けた格好となってしまいました。

<J1 第14節 於 東北電力ビッグスワンスタジアム>

 清水エスパルス 0ー1 アルビレックス新潟

Cimg0343_small

 今季初めて怒りを感じた試合です。浦和戦とかは「まあしゃーない」と割り切る事ができたのですが、この日は「ふざけるな」という思いばかりが湧きましたね。

 立ち上がりは良かったです。リーグ戦中断前に「引かれた相手をどう崩すか」という課題が出ていたわけですが、それに対する対応として「前5人が流動的に動いてマークを混乱させる」という戦いをし、そこにSBが絡む事で厚みのある攻めができていました。特に新潟の左サイドは突きどころだったのですが、早々に選手交代で手当てされたあたりから次第に攻めあぐね始め、ボールはキープできるけど相手の守備陣の前でまわすだけとなってしまいます。そして一瞬のスキを突かれて右サイドのウラをとられて失点。新潟にとってはこれが初シュートで、何とも情けない形での失点となりました。ただ全体を見れば、シュートへの意識が低い事を除けば悪い試合はしていなかったので、最悪1点は返せるだろうと思っていました。

 問題は後半ですね。先制して自信をつけた新潟の出足が良くなった事もありますが、前からボールを引き出す動きがなくなった事により、全くタテパスを通せなくなってしまいました。たまにタテのパスを通そうとしても、足元へのパスがほとんどなので新潟のチェックの網にあっさりと引っかかってしまい、何度も危険なカウンターを浴びてしまう事の繰り返し。新潟の攻撃の精度がさほど高くなかった事と主審が公平にさばく人だった事で救われましたが、いつ失点してもおかしくない状況でした。選手交代にしても、辻尾のプレーは終始消極的だし、伸二は存在感を発揮できず、フランサもいつものように1本もシュートを打てないといった感じで、何ら効果を発揮できず、結局後半は何もできないまま負けてしまいました。

 前半主導権を握っていた時間帯に点がとれなかった事など敗因はいろいろあるでしょうけど、一番の敗因は「勝ちたい」という気持ちで相手に劣ったからだと思ってます。ただ新潟にしても最初のうちは「どうかな」と思いながらやっていたと思うんですよ。それが先制して「いける」という気持ちに変わり、そこから「勝つぞ」という気持ちになっていたのだと思いました。対してエスパはどうだったかと言えば、どこか安直な気持ちで戦っていたのではないかなと。そして先制されてあわててしまい、ゴトビ監督の言葉を借りれば「サッカーするのをやめてしまった」。何が腹立たしいって、精一杯戦って負けたのならともかく、先制されたくらいでガタッとしてしまって、チームとして戦えないまま負けてしまった事ほど悔しい事はないですよ。しかも相手だってそんなに自信を持ってプレーしていたわけではないのだから。こんなメンタリティで優勝争いだACLだなんて、冗談でも言えないですよ。ホントにその事が悔しくてなりませんでした。

 あと冷静に反省すべきところとして、前半押している割にシュート数が少なかった事をもっと考えるべきでしょう。どんなにパスの成功率が高くてもゴールがとれなければ勝てないし、シュートを打たないとゴールは奪えませんから。それとこの日に関しては相手の最終ラインが高かったので、もっとウラを狙うといった工夫が欲しいですね。

 これでリーグ戦は4試合勝ちなし。しかも3試合も得点がとれていません。次の相手の鳥栖は最少失点数を誇るチームなので苦戦は必至ですが、ホームでこれ以上の失態は許されません。とにかく、どんな形でもいいので勝利を切望します。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

|

« EURO6日目 | トップページ | EURO7,8,9日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185705/54990946

この記事へのトラックバック一覧です: 情けない敗戦(6/16 新潟戦):

« EURO6日目 | トップページ | EURO7,8,9日目 »