« U22代表マレーシア戦 | トップページ | 男子代表ウズベキスタン戦 »

2012年2月26日 (日)

PSM新潟戦

 今日(2/26)はアウスタ日本平でのプレシーズンマッチの新潟戦を観に行って来ました。エスパの試合の生観戦はもちろん今年初めてで、サッカーの生観戦も高校サッカー以来ですが、「やっぱ生で観るのはいいな」と思いました。まあ観客が少なめだったのが残念ではありましたが、アウスタの雰囲気も良かったです。

<Jリーグプレシーズンマッチ 於 アウトソーシングスタジアム日本平>

 清水エスパルス 0ー0 アルビレックス新潟

Dsc_0006_small

 内容としては先週と同じで、「守備に関してはメドが立ったが、攻撃はまだまだ」というとこです。

 守備に関しては、相手の新潟も順調に調整が進んでいるようなので、どこまで通用するかに注目していたのですが、ほぼ破綻なくやれていたと思います。全体がコンパクトになっていて効果的なプレスがかけられていたし、リトリートしてからの守備も安定していました。試合終了間際に立て続けにウラをとられて決定機を与えましたが、守備組織が破綻したというよりはスタミナとか他の面による者だと思いますし、最後のところはGKを中心に体を張って守れていたので、問題はないと思います。各ポジションでの競争も激しくなっていますし、守備に関してはいい形で開幕に臨めると思います。

 攻撃は、先週よりは良くなっていたとは思います。先週作った決定機はわずか1回でしたが、今日は前半と後半に2回ずつ決定機がありました。ただやはりボールを支配する時間が長いわりには決定機の数が少ないかなと思います。まだCBやアンカーから前線への「仕掛けのパス」が少ないし、それを引き出す動きも足りないですね。まあ開幕に向けては守備組織を固める事を重点的に進めてきたのでしょうし、開幕前は毎年こんなものかなとも思うので、それほど悲観する必要はないでしょうが、残り2週間できっちり詰めて、開幕時にはもう少し迫力のある攻撃を見せて欲しいですね。

 個人に触れると、新加入組では姜と吉田のプレーを初めて観ました。姜は攻撃時の展開力には少し物足りなさを感じましたが、守備ではほぼ及第点のプレーをしていたと思います。ヨンアピンの回復状況によっては開幕スタメンもあるかもしれません。吉田も守備が良かったですね。1対1で負ける事がほとんどありませんでした。攻撃で周りとの絡みに課題が残りましたが、残り2週間で詰める事ができれば有力なスタメン候補でしょう。あと河井も良かったですね。後半の終わり頃は彼がボールを持って攻撃がスタートする感じになっていました。このまま左SBでの開幕スタメンもあるかもしれません。既存のメンバーでは大悟が60分間プレーして回復ぶりをアピールしたのと、ヨンアピンが45分CBとして無難にプレーしたのは収穫でしょう。一方、後半から出場した伊藤がポスト役としてあまり働けなかったのは不安材料ですね。彼にはもっと奮起して欲しいのですが。

 J1相手の対外試合で結果を残せなかったのは残念ですが、仕上がりはまずまず順調に来ていると感じました。ただ詰めが必要なのは確かなので、残り2週間できっちり調整して、開幕戦により良い状態で臨んで欲しいと思います。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

|

« U22代表マレーシア戦 | トップページ | 男子代表ウズベキスタン戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185705/54084437

この記事へのトラックバック一覧です: PSM新潟戦:

« U22代表マレーシア戦 | トップページ | 男子代表ウズベキスタン戦 »