« まずは初戦突破(10/8 天皇杯FC岐阜S戦) | トップページ | 残念なドロー(10/15 神戸戦) »

2011年10月12日 (水)

男子代表タジキスタン戦

 今日(10/11)はW杯3次予選のタジキスタン戦でした。これまで対戦した事はないし、事前情報がほとんどないので若干の不安もありましたが、正直拍子抜けするような試合でしたね。やはり「繰り上げ出場のチーム」という事なんでしょう。

 キックオフ直後からガンガン前からプレスをかけてタジキスタンの勢いを削いだ事と、選手起用が当たったのが勝因かなと思います。ハーフナーは相手DFに高さで完全に勝っていて、詰まった時の攻め手になってくれていたし、何より中村憲剛が効いてましたね。遠藤、長谷部とのトライアングルで中盤を完全に制圧し、自らの得点以外にも繊細なラストパスで5点くらいに絡んでいるんじゃないかと思います。本田に加えて清武も怪我で離脱して「どういう中盤の布陣にするんだろ」と思っていましたが、見事に穴を埋めてくれましたね。やはり彼のようなベテランがいてくれるのは大きいです。

 ウズベキスタンもアウェーで北朝鮮に勝ったようなので、これでこの組は日本とウズベクが抜け出した格好となりました。しかもこの試合で8点もの得失点差を稼いだので、11月のアウェー2連戦に良い貯金ができました。まあ2試合とも厳しい環境での試合になるでしょうが、頑張って欲しいですね。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

|

« まずは初戦突破(10/8 天皇杯FC岐阜S戦) | トップページ | 残念なドロー(10/15 神戸戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男子代表タジキスタン戦:

« まずは初戦突破(10/8 天皇杯FC岐阜S戦) | トップページ | 残念なドロー(10/15 神戸戦) »