« しんどい勝利(7/9 甲府戦) | トップページ | ヒールにはなりきれず(7/13 仙台戦) »

2011年7月10日 (日)

ベスト4入りの快挙(なでしこドイツ戦)

 日本時間で7/10の3時頃から行われた女子W杯準々決勝で、日本がホスト国でかつ前回優勝国のドイツを破り、初のベスト4入りを果たしました。U-17に続いての快挙だと思います。

 録画しておいて、朝起きてから見たのですが、丸山のゴールが決まった時は喜びよりも驚きの方が大きかったです、正直。それからの10数分間は長かったですが、終了のホイッスルが鳴った時は嬉しかったです。まさか、開催国のドイツに勝つとは思ってなかったですからね。

 実際、終了間際の10数分だけでなく試合を通して我慢の展開を強いられましたが、守備陣が本当に集中してましたね。サイドでは必ず数的優位を保って突破を許さず、クロスをあげられてもフリーではシュートを打たせないようにマークを外す事がありませんでした。ゴールラインを越えそうなところをクリアした場面もあったし、本当に「我慢の勝利」でした。攻撃面はなかなか真ん中でボールが収まらずに苦しい展開でしたが、勇気を持ってつなごうとしたのが決勝点につながったのかなと思います。

 これで決勝進出が視界に入って来ましたが、準決勝の相手も強そうだし、ドイツとの死闘の後なので、次も苦しい試合になるでしょう。ただこの日のように集中を切らさずに戦えればそう簡単に失点する事はないはず。頑張って欲しいです。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

|

« しんどい勝利(7/9 甲府戦) | トップページ | ヒールにはなりきれず(7/13 仙台戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベスト4入りの快挙(なでしこドイツ戦):

« しんどい勝利(7/9 甲府戦) | トップページ | ヒールにはなりきれず(7/13 仙台戦) »