« U-17の快進撃は続く! | トップページ | U-17の冒険が終わった »

2011年7月 3日 (日)

幸運なドロー(7/2 鹿島戦)

 昨日(7/2)は延期された第2節の鹿島戦でした。試合時に雨が降るという予報で、実際降られましたがそれほど長くは降らず、後半は完全にやんだのでほとんど気になりませんでした。

 前売り時点でAゾーンが完売するなどチケットの売れ行きは良いと伝えられていましたが、「3月に買ってそのままの人が多いだろうから、実際満員に近くなるかはわからないな」と思ってました。実際には1万5千人と先週より多い入場者数となりましたが、「このうちどれだけの人がリピーターになってくれるかな」と心配になってしまうような試合でしたね、残念ながら。

<J1 第2節 於 アウトソーシングスタジアム日本平>

 清水エスパルス 0ー0 鹿島アントラーズ

Cimg0179_small

 たとえスコアレスドローでも内容的には面白い試合も結構あるのですが、この試合に関してはエスパサポにとっては「つまらない試合」でしたね。ちょっとフラストレーションの溜まる試合でした。

 スタメンに村松と平岡の2人が入ったと知った時点でイヤな予感はしたんですよね。まあ前半は守備重視でバランスを保ち後半にメンバーを入れ替えて勝負をかけるというゲームプランは容易に読み取れましたが、「ちょっと鹿島をリスペクトし過ぎだろう」と感じました。実際に前半は中盤がほとんど機能せず、不用意なパスミスからピンチを招く場面が再三見られました。鹿島がそれほど前からガツガツ来なかった事と、平岡と村松というDF出身の選手2人がバイタルエリアをしっかり埋めたために決定機はさほど作られる事はありませんでしたが、エスパの決定機はたぶんZEROで、「後半はどこかでボランチのどちらかを変えないと攻撃にならないぞ」と思ってました。

 後半は鹿島が少しずつ前への意識を高めてきて前半よりも危ない場面が増え始めました。それでもどうにか持ちこたえて、半ば過ぎに枝村を入れた直後は一時的にエスパが勢いを盛り返し、こちらにも「あと1歩」というチャンスが出来始めました。が、次第にスタメンで出ている選手の足が止まり始め、鹿島がフレッシュな選手をどんどん入れて来ると、セカンドボールがほとんど拾えなくなり防戦一方となってしまいました。守備陣、特に碓井はすごく頑張っていたと思いますが、無失点で切り抜けられたのは鹿島の決定力不足によるところが非常に大きいです。いい時の鹿島だったら2点くらいは叩き込まれていたでしょう。正直「勝ち点1を拾った」試合だったと思います。

 この試合で思う事は、まず「ダブルボランチにするなら片方は真希、枝村、浩太のような中盤が本職の選手を使うべき」という事。やはり前にも絡める選手を入れておかないと前と後ろが分断されちゃってどうしようもないですよ。ゴトビ監督がハーフタイムに「相手をリスペクトし過ぎ」と仰ったそうですが、「そりゃアンタのメンバー選考のせいだろうが」と言いたいです。それと高原へのフォローをもっと意識する必要があるでしょう。高原自体はすごくキレのある動きをしているだけに、彼をもっと周りがサポートして欲しいですね。あとは収穫としては碓井が頑張っていた事と、小林大悟の動きが少しずつ良くなってきている事くらいで、全体としては「ちょっと後退」というゲームでした。

 まあこの試合に関しては残念な内容となりましたが、14試合消化して勝ち点20を確保したというのは上々の結果です。残留に向けては残り20試合で勝ち点20くらい取ればいいのですから(もっとも「これなら賞金圏内も狙えるんじゃない?」という新たな欲も出始めてますが)。次は甲府戦。アウェイであっても残留争いの直接対決なんで、きっちり叩いて欲しいと思います。

 最後に主審について。あまり言いたくはないのですが、ダメでしたね。判定基準が最後までよくわからなかったし、特に高原と相手DFとの競り合いの殆どを高原のファウルにされたのは納得がいきませんでした。試合をつまらなくした原因の半分近くは扇谷主審にあると思ってます。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

|

« U-17の快進撃は続く! | トップページ | U-17の冒険が終わった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幸運なドロー(7/2 鹿島戦):

« U-17の快進撃は続く! | トップページ | U-17の冒険が終わった »