« 酷暑の中のU-22クウェート戦 | トップページ | 我慢の勝利(6/26 仙台戦) »

2011年6月25日 (土)

U-17は決勝トーナメント進出!

 U-17の日本代表が、メキシコで行われているU-17W杯で、93年に日本で開催された大会(あの時には財前、中田、宮本、戸田、松田といったメンバーがいました)以来の決勝トーナメント進出を果たしました。

 ジャマイカに勝った時点では「まだフランス、アルゼンチンが残っているからなぁ」と思っていたのですが、フランスに引き分けて「あれ? もしかして」という感じになり、日本時間で朝方行われたアルゼンチン戦も、相手にアグエロ、メッシクラスのスーパーな選手がいなかった事もありますが、堂々とねじ伏せての勝利ですから大したものです。

 実際、今回のチームは確かに宇佐美、宮市のような傑出した存在はいませんが、非常に1人1人の技術がしっかりしていて、簡単にボールを失わないですね。またアルゼンチンにガツガツ来られても球際で負けてないのも大したものだと思います。以前のチームは高校受験とかの影響でフィジカルができあがっていない選手が多くてどうしてもひ弱な印象があったのですが(にも関わらず「技術重視」で身長の低いCBを選ぶ悪習もありましたが)、今回は試合運びの拙さはあるもののひ弱な印象はないですね。素晴らしい事だと思います。

 U-17の世代で自国開催の大会以外で決勝トーナメントに進出したのは初めて。伸二や高原の世代でもできなかった事なので、快挙と言っていいと思います。まだ見ていない方はぜひこのチームの戦いぶりを見て欲しいですね。もっとも次の試合は日本時間で木曜の午前中のようですが(泣)。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

|

« 酷暑の中のU-22クウェート戦 | トップページ | 我慢の勝利(6/26 仙台戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: U-17は決勝トーナメント進出!:

« 酷暑の中のU-22クウェート戦 | トップページ | 我慢の勝利(6/26 仙台戦) »