« 成長途上(5/7 名古屋戦) | トップページ | 初得点、初2点目、初勝利(5/22 大宮戦) »

2011年5月14日 (土)

ユースレベル(5/14 神戸戦)

 今日(5/14)はアウスタ日本平での神戸戦でした。今季初めての好天でのホームの試合で、今季初めてメインスタンドで観戦する事ができました。やはりバックスタンドに比べると1階分高い分見やすいので、こちらの方が好きですね。

 これでエスパのゴールシーンが数多く見られれば最高だったのですが、見せられたのは5失点を喫しての惨殺劇でした・・・。

<J1 第11節 於 アウトソーシングスタジアム日本平>

 清水エスパルス 1ー5 ヴィッセル神戸

Cimg0150_small

 ゴトビ監督が「ユースレベル」と称した1失点目が全てと言えばそれまでですが、それにしても攻守とも未熟すぎましたね。

 この日のスタメンでは岩下を再びボランチに上げて岡根をCBに入れてきました。ここ3試合の相手はそれほど前線からの守備をしてこなかったのですが、神戸は前線からプレスをかけてくるスタイルのチームだったので、つなぎの時にどれだけ岡根をサポートできるかがキーになると思って見ていたのですが、残念ながら中盤からのサポートが少なくて岡根自身も判断が遅くてオロオロするばかり。格好のプレスの餌食となってしまいました。両隣の2人も、辻尾は一緒になってオロオロしているし、ボスナーはまだ落ち着いていたもののプレスをかけられると単純に前へ放り込むだけ。これでは攻守ともリズムが出るわけがありません。おまけに「ユースレベルの失点」までやってしまっては立て直すのは至難のわざでしょう。1-1にできるチャンスがあったのは、ある意味「よくやっている」と言えるのかもしれません。いずれにしろここ3試合表出しなかった「最終ラインのつなぎのところの不安定さ」という弱点がこの試合で改めて露わになってしまったわけで、しかも選手起用によって現れてしまったように思えるので、この試合におけるゴトビ監督の責任は大きいと思ってます。

 ただねぇ、プレーするのは選手ですから、「お前らプロだろ、もっとテメーで考えろよ」とも感じてます。例えば後半3バックにしましたが、うち2人が左利きだったせいかポジショニングが左に寄ってしまって右がスカスカになってしまってました。ここを選手間で話し合って修正するくらいの事はして欲しいです(1年目の岡根にそれを求めるのは厳しいかもしれませんが)。また前述した岡根へのフォローにしても、監督からポジションを崩さないよう言われているからしなかった部分もあったでしょうが、それでうまくいっていなかったのなら監督の指示を無視してでもサポートに降りていくべきですよ。福岡戦の時の真希のように。ちょっとそういう融通がきかなさすぎますね。さらに言うと、この日は守から攻、攻から守への切り替えや寄せ、セカンドボールへの反応といったベーシックな部分で全て神戸に比べ劣ってました。これは戦術以前の問題であり、猛省して欲しいです。

 再開後の4試合は結果はそれほど良くないながらチームとしての成長が見てとれたので、「これなら何とかなるんじゃない?」という楽観的な感覚が自分の中にもありました。一方、相手の神戸は去年血ヘドを吐くような残留争いの末に奇跡の残留を果たしたチームで、彼らにとったら僕達の感覚は甘かったんでしょうね。結果、「お前ら、残留争いはそんな甘ないんじゃあ!」と思い切り往復ビンタを食らったわけですが、逆に僕達は彼らに感謝しないといけないのかもしれません。少なくとも僕には凄い危機感がうまれましたから。逆に言うと、この日の収穫はもうそれだけですね。

 この後はNACK5の大宮戦、さらにはダービーと厳しい戦いが続きます。正直この結果は選手にはこたえるでしょうが、これが危機感を生むいいきっかけになってくれればと思いますし、そうなってくれなければ困ります。かなりの危機感を持って日々の練習や試合に臨んで欲しいですね。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

|

« 成長途上(5/7 名古屋戦) | トップページ | 初得点、初2点目、初勝利(5/22 大宮戦) »

コメント

YANAさん、

昨日は仕事が忙しくて、テレビも見れませんでした。
携帯からの情報を見て 愕然。。。。

録画したのを見る気にもなれません。

あーー、どうなっちまうんだ。

投稿: オレQ | 2011年5月15日 (日) 04時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユースレベル(5/14 神戸戦):

« 成長途上(5/7 名古屋戦) | トップページ | 初得点、初2点目、初勝利(5/22 大宮戦) »