« アジアカップ・カタール戦 | トップページ | アジアカップ・韓国戦 »

2011年1月23日 (日)

イラン vs 韓国戦を観た

 昨日(1/23)、準々決勝の残り2試合が行われ、ベスト4が出揃いました。このうちオーストラリア vs イラクの延長戦と、イラン vs 韓国を観ました。

 オーストラリア vs イラクの方は、延長戦しか見ていないので何とも言えないですが、イラクが予想以上に頑張っていたという印象です。最後はオーストラリアの高さの前に屈しましたが、ディフェンディング・チャンピオンの肩書きはダテじゃなかったですね。

 イラン vs 韓国の方は、どうしてもゴトビ氏が監督を務めているという事でイラン寄りで見ていましたが、韓国はやはり強かったですね。タテパスをどんどん入れて、そこを起点に全体が強引なまでに押し上げて攻める様は力強かったなという感じです。ただ後半途中から韓国の運動量が落ちてイランが攻めに出られるようになったので勝つチャンスはあったんですけど、韓国は守備も固かったですね。いずれにしろ力の拮抗したいい試合でした。 

 で、イランのサッカーの印象ですが、特に攻撃においてこれまでのイランのイメージと変わらない感じがしたのですが、守備は組織的でしたね。あと後半に選手交代で流れを引き寄せたのは好印象です。昨季まではそういうのは少なかったですからね。イランの選手は落胆していたので申し訳ないですが、エスパのチーム作りに早く着手してもらえそうなのはありがたいです。ゴトビ氏の来日が待ち遠しいです。

 一方、日本は準決勝で韓国と対戦する事になりました。今当たるには厳しい相手ですが、あのハイプレスをしのげれば勝機はあるはず。楽しみなカードですね。

※ブログランキングに参加してみました。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

|

« アジアカップ・カタール戦 | トップページ | アジアカップ・韓国戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185705/50669006

この記事へのトラックバック一覧です: イラン vs 韓国戦を観た:

« アジアカップ・カタール戦 | トップページ | アジアカップ・韓国戦 »