« 入れ替え戦第1戦雑感 | トップページ | 和道の移籍騒動 »

2008年12月13日 (土)

静岡ダービー、存続

 今日は入れ替え戦の第2戦が行われ、磐田がJ1残留となりました。来年、仙台で牛タンを食べるのはお預けとなりました。

 いやー、ロスタイムに梁のFKが決まって、さらにその直後のプレーで怒涛の攻めを見せたんですけどね。惜しかったなと思います。仙台にとってはいろんな「たら・れば」があるでしょうが、前半のいい時間帯の決定機でナジソンが外してしまったのが一番痛かったんじゃないかと思います。あれを決めていれば磐田もかなり慌てたはずだし、逆にあの決定機以降は磐田に流れを持っていかれましたからね。まあ残念でしょうが来年は3位までに入ればJ1にストレート・インできるので、捲土重来を期して欲しいと思います。

 試合全体を通して見ると、磐田が勝つべき試合だったと思います。特にボランチのところが効いてましたね。最後の場面はかなり冷や汗をかいたでしょうが、あの場面は「J1に残るんだ」という磐田の(というより川口の)執念を感じました。ここは素直に称えたいと思います。

 エスパにとって磐田が残って良かった点は、たぶん来年もホーム全試合を日本平でやれる事。磐田が落ちていたらたぶん何試合かエコパでやらされていた気がするので。あとは何と言っても静岡ダービーが残る事。今年は負け越してしまいましたからね。今やったらまず勝てると思うのですが、それはかなう事はないので、来年ぜひ借りを返したいですね。

P.S これで来年から入れ替え戦なしってのは、ちょっともったいな気がするのは僕だけかな。

|

« 入れ替え戦第1戦雑感 | トップページ | 和道の移籍騒動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 静岡ダービー、存続:

« 入れ替え戦第1戦雑感 | トップページ | 和道の移籍騒動 »