« 視界良好(10/26 G大阪戦) | トップページ | 気がついたら(11/5 天皇杯千葉戦) »

2008年11月 2日 (日)

悔しい・・・(11/1 ナビ杯決勝 大分戦)

 昨日はナビ杯決勝でした。もちろん国立に参戦しました。少し風が強かったけどいい天気だったし、エスパサポ有志によるコレオもとても見事で、試合が始まる前までは非常に楽しかったです。

 が、結果はご存知の通り。本当にもう、試合から1日がたっていますが「悔しい」という言葉しか思い浮かびません。

 <ヤマザキナビスコカップ決勝 於 国立競技場>

 清水エスパルス 0ー2 大分トリニータ

Rimg0030_small  

 

 

 

 

 

 内容的にも完敗だったと思います。エスパの枠内シュートは、STATSを見ていませんが、たぶん1本もないと思います。それで勝てるわけがないです。

 大分に中盤の出足で負けてしまったのが敗因でしょう。予想以上に前から圧力をかけてきて、思うようにボールをまわせませんでした。そのためか苦し紛れの前線へのロングボールが多くなり、マンマークで守る大分の思うツボとなっていました。またサイドの攻防でも負けてましたね。特に左サイドは金崎が流れてきて起点となられ、再三児玉のウラをとられてしまいました。正直いつ点をとられてもおかしくない時間帯が前半半ばまで続いたのですが、最大のピンチだったCKからのヘッドの場面でポストに救われた時は「ツイてる」と思ったし、その後少し盛り返してきた事で「少し勝機が出てきたかな」と前半が終わった時には思いました。

 後半は大分の攻めをある程度抑えられるようになり、ほぼ互角の展開となったのですが、風上を意識しすぎたのか前半以上にロングボールが多くなったのは失敗だったと思います。あれは大分も楽だったでしょう。そして70分に前半から崩されていた左サイドを崩されて先制され、その後は必死に追いつこうとしたもののなかなかチャンスを作る事ができず、逆にミスからカウンターから2失点目を食らって失点。完全に大分の引き立て役となってしまいました。

 大分はもっとリトリートしてくると僕も思っていたので、前から圧力をかけてくる大分にとまどった部分は選手達にもあったかもしれません。ただそれを避けようとして自分達の持ち味を消してしまっては元も子もありません。またサイドが使えなかったのも残念でしたね。伝統的にサイド攻撃を持ち味としているチームなはずだったのに、ほとんどサイドを使えませんでしたから。シャムスカ監督もそのへんはわかっていてこちらのストロングポイントを消しにかかってきたし、それにマンマとはまってしまった感じですが、それ以上に自滅してしまったという印象が強いです。やはりチームが若い分だけ硬くなってしまったのでしょうか。

 7年間遠ざかっていたタイトルをとる絶好のチャンスだった事や、直前のチーム状態の良さから「今回は」という想いが見ている僕も強かったので、今はこの話題に触れたくないし触れて欲しくないというくらい落ち込んでます。見ているこちらがそうなのですから、監督、選手の悔しさはいかばかりかと思います。ただ、サッカーは続きます。タイトルもまだ残っています。何とか気持ちを切り替えて、水曜の天皇杯初戦に臨んで欲しいと思います。

|

« 視界良好(10/26 G大阪戦) | トップページ | 気がついたら(11/5 天皇杯千葉戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185705/42988061

この記事へのトラックバック一覧です: 悔しい・・・(11/1 ナビ杯決勝 大分戦):

« 視界良好(10/26 G大阪戦) | トップページ | 気がついたら(11/5 天皇杯千葉戦) »