« 不安(代表バーレーン戦) | トップページ | 残りは1試合 »

2008年6月25日 (水)

予想外の結末の連続

 ここからはEUROの話題です。注意して見て下さいね。

 一昨日でEUROのベスト4が出揃いましたが、スペイン以外はいずれもグループリーグ2位のチームが勝つという意外な展開となりました。まあポルトガルがドイツに負ける事はあるかもと何となく思っていましたが、クロアチアとオランダが消えたのは驚きました。特にオランダの敗退はショックです。

 ただロシアはオランダ相手に堂々たる戦いをしました。まさに「勝つべくして勝った試合」と言えると思います。ボールを奪うとすぐさま前線にボールを送り、さらに何人もの選手がボールを追い越して攻撃に絡む姿は見事としかいいようがないです。準決勝の相手はイタリアをPK戦で下したスペインですが、グループリーグとは全く別のチームだと思って戦わないとオランダと同じ目にあう気がします。

 トルコに関してはちょっと神がかっているとしか言いようがないですね。フツーあの時間帯に先制されたら終わるでしょ。前にも書きましたがその敢闘精神には脱帽するしかないです。ただ出場停止の選手が3人いる上にニハトまで欠くとなると、ドイツ相手では厳しい気がしますけどね。もちろん何がおこるかわかりませんが。

|

« 不安(代表バーレーン戦) | トップページ | 残りは1試合 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 予想外の結末の連続:

« 不安(代表バーレーン戦) | トップページ | 残りは1試合 »