« 楢崎様々(代表オマーン戦AWAY) | トップページ | EURO三昧その1 »

2008年6月 8日 (日)

フヌケた試合(6/8 ナビ杯 磐田戦)

 今日は磐田まで行って来ました。ヤマハスタジアムへ行ったのは2000年シーズン以来で、行き方を殆ど忘れていたのですが、幸い磐田駅に着いたらもうシャトルバスの運行が始まっていたので、何も考えずにスタジアムに着く事ができました。

 この試合の前の時点で、エスパは負けてもよほどの事がない限り予選を突破できる状態で、磐田の方は勝つのが最低限でその上で他の試合の結果待ちと好対照の立場にあったわけですが、結果としてその差が試合への姿勢に表れてしまい敗れてしまった格好となってしまいました。結局1位通過とはなりましたが、何とも言えない後味の悪さが残りました。

 <ヤマザキナビスコカップ予選リーグ第6節 於 ヤマハスタジアム>

 清水エスパルス 0ー2 ジュビロ磐田

 試合としては、FWの差が勝敗を分けたと言っていいのではないでしょうか。磐田の2トップはこちらのミスを逃さず突いて2得点につなげたのに対して、こちらの2トップははっきり言って何もできなかったと言っていいでしょう。いくら磐田のDF陣がタイトに守っていたからと言ってもあれだけボールをおさめられないのでは話にならないです。かと言って矢島、岡崎がケガで使えない状態で、ベンチにいるのは若い長沢と大前。改めて頼れるFWの不在というチームの根本的な問題を突きつけられた気がしました。

 ただそれにましてふがいないと感じたのが、この試合に臨む姿勢です。はっきり言えば「勝つ気があるのか?」と思わされるプレーが特に後半多くて、見ていてイヤになりました。前半は慎重に戦うというゲームプランはわかります。実際それで磐田を焦れさせていました。しかしミスから2失点した事で状況が変わったわけです。後半は頭から攻撃的にいくのが当然だと思います。にも関わらずボールを奪っても押し上げは遅いし、ろくに仕掛ける事をしないわ、で、点をとれる気がしませんでした。選手交代も意味不明のものばかりだし、「こんなフヌケた試合を見るためにわざわざ出掛けたのか」と今でも怒り心頭状態です。

 確かに予選突破を考えれば大敗は避けなくてはなりません。ただこの日はダービーだったのです。それを考えると後半の戦いぶりはとにかく残念だったとしか言いようがありません。監督、スタッフ、選手達には戦術以前にもっと「勝つんだ」という気持ちを出して戦って欲しいです。

 率直に言って、こんなフヌケた戦いをして、ナビ杯優勝なんてできませんよ!

|

« 楢崎様々(代表オマーン戦AWAY) | トップページ | EURO三昧その1 »

コメント

このごろさ、ハーフタイムに監督のカミナリがおちて
後半よくなった。なんていうのが多くある。

これじゃ、高校のクラブじゃん。
プロなんだから、気合入れてけよ。

今回のゲームって、最初から中途半端な気持ちでやって
いるから、こういう結果になったんじゃないかな??

投稿: オレQ | 2008年6月 9日 (月) 14時03分

>オレQさん

 ハーフタイムを境にチームがガラッと変わるのはエスパに限らずよくある事だから、それを否定する事はないと思います。
 ただ今回は「これ以上失点するな」というような指示が出たみたいで攻撃にシフトさせる感じではなかったみたいだから、それが僕には気に入らないんですよね。

投稿: YANA | 2008年6月 9日 (月) 23時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フヌケた試合(6/8 ナビ杯 磐田戦):

« 楢崎様々(代表オマーン戦AWAY) | トップページ | EURO三昧その1 »