« メンタルは大事だよね(4/29 柏戦) | トップページ | 投資は身を結ばず(5/6 新潟戦) »

2008年5月 4日 (日)

痛み分け(5/3 磐田戦)

 昨日はホームでのダービーが、2万人もの観客を集めて行われました。開門前から人が多くて大変でした。両チームのサポとも気合が入っていたし、特にエスパ側のコレオは凄く綺麗だったと思います。

 ただこういう試合で勝てないのは、ある意味「エスパらしい」ですよね(苦笑)。試合に関しては両チームにとって表題の印象が強かったと思いますが、ホームアドバンテージを得て戦えていた分エスパ側の方がその思いが強かったかもしれませんね。

 <J1 第10節 於 日本平スタジアム>

 清水エスパルス 1-1 ジュビロ磐田

Dscf0129  

 

 

 

 

 

 

 試合内容に関して言うと、良かったところより改善すべき点の方が目についた試合だったと思います。

 前半立ち上がりはエスパがペースをつかみましたが、その後は磐田にペースを握られてしまいました。原因はサイドを制された事にあると思います。磐田は思ったより長いボールを使ってきて、それも両サイドのウラをうまく突いてきました。そこで起点を作られて立て続けに決定機を作られた事で最終ラインがズルズル下がってしまい、前線と中盤との間にスペースを作ってしまいました。このためセカンドボールを拾う事ができず、磐田のぶ厚い攻めを受ける事になってしまいました。それでも半ば過ぎまで無失点でこれたのでこのままいければと思ったのですが、悪いボールの取られ方をしてファウルをしてしまい、そこからの素早いリスタートから失点。流れとしては最悪に近かったと思います。

 後半に関しては早々のピンチを凌いでから逆にいい形で追いついたところまでは良かったのですが、その後は逆にペースを握りながら決定力不足で逆転できないという何とももどかしい結果となってしまいました。決定的な形は何度も作っていたんですけどねー。あれだけ枠を外していたらどうしようもないですね。改めてジェジンが抜けた後の計算できるフィニッシャーの不在が浮き彫りになってしまいました。このへんはFW陣やフェル、淳吾の奮起を促したいと思います。

 また決定機は作れていたものの、ちょっと中、中に行き過ぎていたのも気になりました。みんな中に行き過ぎていて、サイドを思うように使えていなかった気がするんですよね。せっかくイチが上がっても使ってくれなかったり、使ってもタイミングが遅かったりする事が多かった気がします。メンツが変わってもやはりエスパはパスワークとサイド攻撃が軸のチームだと思うので、もっとチーム全体でサイドをどう活かすかを考えて欲しいなと思います。

 とはいえ、前半だけ見れば完全に負けゲームだったと言えるので、そこから「もう少し何とかすれば勝てた」という試合まで持ってこれた事は評価してあげたいと思います。兵働が思ったより早く復帰でき、まずまずのプレーをしてくれたのも収穫だと思いますし(彼が途中出場した時のコールは、選手入場時以上にグッとくるものがありました)。また上位チームがもたついていて完全なダンゴ状態になっているので、まだまだ巻き返しの余地は十分あります。次も難しいアウェーの地での試合となりますが、何とか勝ち点をもぎとって欲しいですね。

|

« メンタルは大事だよね(4/29 柏戦) | トップページ | 投資は身を結ばず(5/6 新潟戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185705/41091005

この記事へのトラックバック一覧です: 痛み分け(5/3 磐田戦):

« メンタルは大事だよね(4/29 柏戦) | トップページ | 投資は身を結ばず(5/6 新潟戦) »