« J開幕1週間前 | トップページ | ミドルシュートでの初勝利(3/15 千葉戦) »

2008年3月 8日 (土)

不安的中(3/8 大分戦)

 こんばんは、YANAと申します。

 今日からJリーグ開幕という事で、日本平へ行ってきました。ただ、漏れ伝わって来る情報にいいものがなかったので、どちらかというと期待よりも不安の方が大きい状態での観戦となり、結局その不安が的中してしまう形となってしまいました。

 <J1 第1節 於 日本平スタジアム>

 清水エスパルス 1-2 大分トリニータ

Dscf0111 

 

 

 

 

 

 総括してしまうと、「調整不足、準備不足の状態のチームが準備万端整ったチームと戦うとこうなる」という見本のような試合ではなかったかと思います。

 まあ守備に関しては、2失点はしましたが、破綻はなかったと思います。1失点目は相手を褒めるしかないですし、2失点目もセットプレーですから。ただセットプレーの守りでは、去年中央ではね返してくれたジェジンがいなくなった影響があるかなという気がします。再確認が必要でしょうね。

 問題は攻撃面でしょうね。確かにボールは支配していましたが、決定機は数度くらいだったと思います。ボールはある程度まわせていたと思いますが、仕掛ける選手がフェルナンジーニョと辻尾くらいしかいなかったですからね。サポートの動きも鈍いし、あれだと大分は守りやすかったでしょうね。

 何より感じたのは2トップの差。大分のウェズレイ、高松が確実にボールを受けて味方に落としていたのに比べると、ほとんど前でボールをおさめられなかったので、その分攻めがうまくいかなかった感じがしました。特に新戦力のマルコス・アウレリオはダメでしたね。前を向いたらいいプレーができるだろうし、実際1度だけその片鱗を見せましたが、相手を背中に背負ってのプレーが思うようにできず、あっさりボールロストしてしまう場面が目立ちました。まだ1試合しか見ていないので判断するのは早計ですが、今の時点ではジェジンの後釜は荷が重いという印象です。もう少し日本でのプレーに慣れればハマる可能性もありますけどね。

 確かに大分は人数をかけて守っていたし、それを崩すのは容易ではない事はわかりますが、それにしても工夫が足りなかった気がします。ただ直前までボランチのポジションが決まらないなど新戦力を馴染ませる事で精一杯になってしまって、大分戦の準備などほとんどできなかったというのが実情なのでしょう。今回は準備不足で負けたと切り替えるしかないですね。幸い大卒の本田、辻尾に使えるメドがたったという明るい材料もあります。試合は待ってくれませんから、何とか3月の残り4試合でこれからのシーズンを戦うメドをつけていって欲しいと思います。

 ただ最後に一言、こんな状態でJの極みを目指すなどおこがましいと言わざるをえませんね。

|

« J開幕1週間前 | トップページ | ミドルシュートでの初勝利(3/15 千葉戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185705/40429311

この記事へのトラックバック一覧です: 不安的中(3/8 大分戦):

« J開幕1週間前 | トップページ | ミドルシュートでの初勝利(3/15 千葉戦) »