« ミドルシュートでの初勝利(3/15 千葉戦) | トップページ | プレミアビッグ4激突! »

2008年3月21日 (金)

ナビ杯初戦勝利(3/20 ナビ杯FC東京戦)

 昨日はナビ杯の予選リーグ初戦でした。現実的に見てタイトルをとるならナビ杯だろうと思うので、そのためにも初戦は確実に勝ち点3をとって波にのっていく必要がありました。その初戦をきちんとモノに出来たのは良かったと思います。また聞くところによると、ナビ杯の初戦は8年間勝っていなかったのだそうです。その悪い風習(?)を断ち切る事ができたという意味でも良かったですね。

 <ヤマザキナビスコカップ予選リーグ第1節 於 日本平スタジアム>

 清水エスパルス 3-1 FC東京

Dscf0115_2  

 

 

 

 

 

 内容的には、「思ったより早く去年の戦い方に戻ってきたかな」という印象を受けました。

 今季、監督が城福氏に代わったFC東京は、攻撃時には両SBがどんどんあがってぶ厚い攻撃を仕掛けて来ました。特に後半は前線を2トップに変えて何とか追いつこうと果敢に攻め込んできていました。そのため主導権を握られる時間帯が長かったのですが、サイドからクロスを上げられても中ではね返すといういつもの守り方がちゃんと出来ていたため、さほど危ない場面は作られませんでした。サイドチェンジで振られた時の対応がまだ甘いかなという気がしますが、基本的には中ではね返すのが今のエスパの守り方ですからね。シュートを打たれそうになってもきちんと体を張っていたし、そうした去年までの守り方を取り戻してきているというのは好材料だと思います。

 一方攻撃面は西澤が効いてましたね。前線のターゲットマンとして良く機能していました。1点目は西澤が落としたボールを受けた矢島が持ち込んで決めたものだし、同じような場面が他にもありました。前線の預け所が増えた分前へのくさびのボールが増えたし、それを合図にした全体の押し上げもスムーズでしたね。去年は周りとの呼吸がなかなか合わずに苦労しましたが、元々ポストプレーは上手い選手ですし、彼のような選手がデンと構えてくれると矢島、岡崎といった運動量の多い選手がより活きてくると思います。チームが始動してから前線の組み合わせを模索してきましたが、この日の組み合わせは有力な答えの1つとなるでしょうね。もちろんマルコス・アウレリオにも早くフィットしてきて欲しいのですが。

 先制しながら早々に追いつかれてしまったのはいただけませんでしたが、前半のうちに突き放す事ができましたし、主導権を握られる時間帯はありながらもその時間帯で我慢をし、逆にチャンスを確実に活かしてリードを奪い逃げ切るという勝ち方は去年のいい時によく見られたパターンです。課題だった攻撃面も西澤がポスト役におさまる事である程度見通しが立ってきた気がします。ホーム開幕戦で大分の注文通りに敗れた時はどうなる事かと思いましたが、思ったより早くベースとなる戦い方を取り戻してきたようなのでホッとしてます。ただまだまだ先は長いので、修正すべきところは修正しながら大事に戦って欲しいなと思います。

|

« ミドルシュートでの初勝利(3/15 千葉戦) | トップページ | プレミアビッグ4激突! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185705/40588957

この記事へのトラックバック一覧です: ナビ杯初戦勝利(3/20 ナビ杯FC東京戦):

» 「ホーム開幕戦」についてのクチコミブログをピックアップ [クチコミブログをピックアップ]
ホーム開幕戦 に関連するブログ記事の検索結果から最新の口コミ情報、オススメ商品を紹介… [続きを読む]

受信: 2008年3月22日 (土) 01時17分

« ミドルシュートでの初勝利(3/15 千葉戦) | トップページ | プレミアビッグ4激突! »