« 不安的中(3/8 大分戦) | トップページ | ナビ杯初戦勝利(3/20 ナビ杯FC東京戦) »

2008年3月18日 (火)

ミドルシュートでの初勝利(3/15 千葉戦)

 こんばんは、YANAと申します。

 今季初アウェー戦となる千葉戦を見に、フクアリへ行ってきました。スタジアム周辺は区画整理がだいぶ進んだ感じで、スタジアムの東側には人工芝のフルコートが2面出来ていました。商業施設も建設中だったし、来シーズン来た時にはまたかなり変わっているだろうなと思いました。

 相手のジェフの方も、今季はスタメンがゴロッと入れ替わっていましたが、「やはりジェフはジェフだな」と感じました。全員が献身的によく動いてボールを奪い、それを早めに前線に運ぶというサッカーをしてました。そんなジェフの予想以上の頑張りに苦戦を強いられましたが、何とか勝ててよかったと思います。

 <J1 第2節 於 フクダ電子アリーナ>

 清水エスパルス 2-1 ジェフユナイテッド市原・千葉

Dscf0113  

 

 

 

 

 

 「試合の流れをモノにするのは大事な事なんだな」というのを改めて痛感した試合でした。

 淳吾のミドルシュートで先制してからしばらくはエスパの流れでした。ジェフはボールの奪い所がはっきりしていない感じで、そのためこちらはいいようにボールを回せていたと思います。ただなかなか決定機を作るまでには至らずにいるうちに、不運なPKで同点に追いつかれ、そこからは後半半ばまでは完全にジェフのペース。2~3回決定機を作られたし、ここで1点とられていたら負けていたと思うのですが、それを何とか凌いでいるうちにジェフの方が攻め疲れをおこして少しずつエスパに流れが向き始め、最後の最後で岡崎が渾身のミドルシュートで流れをモノにしての勝利。やはり自分達に向いた流れをいかにモノにするかが大事なんだなと思いました。

 で、チームの出来ですが、アウレリオを外して前線を去年までのメンバーにした分、前節よりはスムーズにできていたと思います。ただまだ連携がうまくいかずにパスが少しずれるなどしたために、なかなか決定機を作るまでには至らなかったのは反省材料でしょう。また守りも大きな破綻はなかったのですが、特に後半相手の流れになった時にその流れをまともに受けてしまって、いなす事ができなかったところについても、試合運びの部分で課題があるように感じました。

 ただ昨年同様危ないところで体を張って相手の攻めを防ぐという去年までのベースの部分はできていたし、攻めについてもこのメンバーであれば微妙なズレの調整だけで何とかなりそうかな、というところまでは来ているという感触は持ちました。本田、辻尾の2人もちゃんとチームに馴染んで勝利に貢献してくれたし、あとはアウレリオとパウロの2人をいかに早く馴染ませるかというところでしょう(もっともこれはまだ時間がかかるでしょうけどね)。

 それにしても淳吾と岡崎のミドルは見事でしたね。特に岡崎はあそこでシュートで打つとは思わなかったし、決まったコースもすごかったのでビックリしました。エスパの選手がバンバンミドルを決めるというのはあまりイメージにないんですけど、今年の公式戦の得点は全部エリア外からのミドルなんですよね。シュート力の向上を喜ぶべきなのか、ペナの中に入れない事を嘆くべきなのかビミョーなとこですね。

 次はホームに戻ってナビ杯の初戦です。相手は去年連敗しているFC東京ですが、今年はナビ杯を重視して欲しいなと思っているので、何とか今季のホーム初勝利を見せて欲しいと思います。

|

« 不安的中(3/8 大分戦) | トップページ | ナビ杯初戦勝利(3/20 ナビ杯FC東京戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185705/40541367

この記事へのトラックバック一覧です: ミドルシュートでの初勝利(3/15 千葉戦):

« 不安的中(3/8 大分戦) | トップページ | ナビ杯初戦勝利(3/20 ナビ杯FC東京戦) »