« またノルマ達成 | トップページ | 恐るべし・・・ »

2007年9月17日 (月)

休みボケと暑さボケと(9/15 甲府戦)

 2週間の間が空いての試合。久々の昼間のゲーム。そしてさらに上を目指す上では勝たなければならない試合で、しかも勝てば8年ぶりの6連勝となる。選手達にはそうした様々な要素が降りかかっていて、それが足を重くしたのかなという気がします。

 実際、見ている僕の方も1点リードしての終盤は結構緊張しましたね。やっぱりこういう緊張感の中での試合というのは久々ですから。2点目が入った時は「嬉しい」というより「ホッとした」という気持ちの方がまさっていました。ホント、勝って良かったと思います。

Dscf0082  

 

 

 

 

 

 

 <J1 第25節 於 日本平スタジアム>

 清水エスパルス 2-0 ヴァンフォーレ甲府

 試合後、長谷川監督は「内容的には満足していない」と語っていましたが、その通りだと思います。内容的にはほめられたものではないと言えるでしょうね。

 前半、エスパは甲府の浅いラインの裏を狙うロングフィードを多用してきました。その狙い自体は悪い事ではないと思いますが、前線の選手のキープに対するフォローが遅く、またフォローしてからの展開にも工夫が足りなかったと思います。いつもなら間に中盤でのパスまわしを挟んだり一方のサイドで組み立ててから逆に展開するなどの工夫があるのですが、それがなかったですね。ちょっと全体的にタテに攻め急ぎ過ぎていたような気がします。前半はそれでも優位に試合を進められたのですが、後半甲府がこちらのパスの出所をケアしつつ中盤の出足で優位に立ちはじめると、攻めの形すら作れなくなってしまいました。西部のチョンボであわやというシーンもあったし、あそこでゴールが認められたら危なかったかもしれません。

 1つは暑さのせいでしょうね。この日は天気予報が外れて予想以上に暑かったですから、それが選手達の出足を鈍らせたところはあったと思います。もう一つは「勝たなければならない」というプレッシャーも作用していたでしょう。浦和が勝っていた事は知っていたでしょうから、勝たなければという気持ちがよりセーフティな攻めを選択させてしまったところもあったと思います。ただ1つめはともかく2つめのプレッシャーに関してはこれから上位チームと争っていくためには乗り越えていかないといけない部分だと思うので、何とか乗り越えて欲しいなと思います。

 などと出来の悪さを書いてきましたが、それでもきっちり2点をとって勝ちをおさめた事は評価したいと思います。特に後半は決定機の数は甲府と同じで4度くらいだと思いますが、その4度のうちの2度を得点に結びつけたあたり勝負強くなったと言えるでしょう。1点目は高い位置でボールを奪ってからの見事な速攻だったし、2点目も相手のスキを突いた抜け目のない点を取り方をしたと思います。また途中交代で出た枝村、純平が結果を出したのも大きいですね。サブ組が意識を高く持ってやってくれている表れだと思うし、先発組へのいいプレッシャーになりますからね。

 これで6連勝。3位浮上です。6連勝は優勝した年以来で、4試合連続無失点は10年ぶりだそうです。この時期に3位になったのも久々ですしね。ただ前述の通り内容的には課題が多かったし、次の相手のFC東京はかなり調子を上げてきていますから要注意でしょう。修正すべきところは修正して、連勝を伸ばせられるよう頑張って欲しいですね。

P.S この試合のスカパーの実況は倉敷さんでした。引き分けや負け試合のビデオは見ないので、勝ち試合で倉敷さんの「ゲットー!」の声を聞けて良かったです。

P.S 2 甲府は何とか残って欲しいチームなのですけどね。気になったのは、5月に対戦した時に比べてパスワークが冴えなかった事です。何とかあのパスワークと攻撃力を復活させて欲しいのですが。

|

« またノルマ達成 | トップページ | 恐るべし・・・ »

コメント

いまはただひたすら勝つのみ。
上が疲れてくるのをじっと待つ。

最後に一撃必殺のキックを繰り出せるかが鍵。

投稿: オレQ | 2007年9月20日 (木) 09時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 休みボケと暑さボケと(9/15 甲府戦):

« またノルマ達成 | トップページ | 恐るべし・・・ »