« 拾い物(5/9 ナビ杯 大宮戦) | トップページ | 勝負強くなった?(5/12 新潟戦) »

2007年5月15日 (火)

欧州の悲喜こもごも

 ヨーロッパのリーグ戦も大詰めですが、先週はそんな中から2試合見ました。

 土曜はドルトムント vs シャルケを見ました。シャルケは勝ち点差1ながら首位にたっていたのですが、ライバルのドルトムントに敗れて2位に後退してしまいました。シャルケは50年もトップリーグでの優勝から遠ざかっているそうで、それだけに今年こその想いが強かったのでしょう。試合後ほとんどのサポーターが泣いているんですよね。まだ1試合残っているのに。もちろん狙って抜いているのでしょうが、それにしても思わず同情してしまいました。

 昨日はプレミア生き残りを賭けての対決だったシェフィールドU vs ウィガンを見ました。まあ戦略・戦術を度外視した蹴り合い、ぶつかり合いでしたが、見ていて面白かったです。試合は前半終了間際にPKで勝ち越したウィガンを後半シェフィールドUが激しく攻め立てる展開だったのですが、最後までウィガンのDFを崩せず、同時刻にウェストハムがマンチェスターUを破ったため、あえなく降格となりました。

 マンチェスターの試合は同時刻にやっているので当然シェフィールドUのサポーターはウェストハムが勝っているのを知っているわけです。だからサポーターもどんどん焦りの色を濃くし、次第に絶望の表情に変わっていくのです。これまた見ていてせつなかったですね。特に僕は一昨年に同じ思いを味わいかけてますからね。気持ちは痛いほどわかりました。

 しかし何もユナイテッドもわざわざ負けてあげなくてもいいのに。もっともテベスがいる分ウェストハムにも残って欲しかったけど。

|

« 拾い物(5/9 ナビ杯 大宮戦) | トップページ | 勝負強くなった?(5/12 新潟戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185705/15076006

この記事へのトラックバック一覧です: 欧州の悲喜こもごも:

« 拾い物(5/9 ナビ杯 大宮戦) | トップページ | 勝負強くなった?(5/12 新潟戦) »