« ハーツ vs セルティック | トップページ | オシムジャパン初戦 »

2006年8月 8日 (火)

U-21中国戦

北京五輪を目指すチームの初試合、中国戦を見ました。

前半を見る限り「これは厳しいなあ」と思っていたので、正直よく勝ったなと思います。中国のスピードとパワーは見るべきものがあったし。ただ後半少しつなぐようになってからはそこそこチャンスも作れていたので、最初の試合としてはまずまずだったのではと思います。

良かった選手は何といってもGKの西川。彼のおかげで何点防いだか。また3バックの3人も良かったと思います。逆に前線はやはりタレント不足ですね。平山や故障で今回不参加だった前田が加われば少しは違うのかもしれませんが。

エスパルスから選ばれた選手では青山、枝村が先発しましたがまずまずの働きだったと思います。それを評価されたのか、何と青山がA代表へ召集。嬉しくはありますが、コキ使われている感じがして、少し心配です。

|

« ハーツ vs セルティック | トップページ | オシムジャパン初戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: U-21中国戦:

« ハーツ vs セルティック | トップページ | オシムジャパン初戦 »