« 代表(対イエメン戦) | トップページ | 今年のユナイテッド »

2006年8月20日 (日)

8/19 甲府戦

 残暑の厳しい中、久しぶりに日本平に行ってきました。

 前々から「FUJIYAMAダービー」と銘打って盛り上げた甲斐があって、スタンドはほぼ満員。しかも高円宮妃殿下まで観戦された中での試合となりました。こういう中ではなかなか勝てないのがエスパルスなのですが、終わってみればエスパファンにとって大満足の試合となりました。

<J1 第18節 於 日本平スタジアム>

 清水エスパルス 4-0 ヴァンフォーレ甲府

 結果的に完勝でしたが、勝敗を分けたのは枝村の先制ゴールだったと思います。このゴールの直前の数分間は甲府がペースを握っていて決定的な形も作られていましたから。甲府の攻撃はシンプルながら迫力のあるものでしたし、あの流れの中で先に点をとられていたら少なくとも打ち合いに持ち込まれる可能性は十分ありました。それを先に先制する事で甲府の流れを断ち切る事ができたし、なおかつ慌てて攻め込んでくる甲府のウラをどんどん取る事ができるようになりました。シュートそのものも見事でしたが、貴重なゴールだったと思います。

 あとこれだけの差をつけられたのは2トップの働きによるところが大きいですね。どんどんウラのスペースを突いて相手のDFラインを下げさせ、また彼らが前線でキープしている間に中盤の兵働、枝村らが別のスペースに飛び込んでさらにチャンスを拡げるといういい流れも作る事ができました。マルキーニョスは流石の一言ですが、矢島が予想以上の出来で、イーブンボールの競り合いにことごとく勝ってしかもスピードで相手をちぎって決定的なチャンスを作り出していました。甲府にとってはかなりの脅威だったでしょうね。

 他でも中盤のつなぎがすこしずつ進歩している事、最終ラインが最後のところで踏ん張って相手に点を与えなかった事など良かった事はいろいろあるし、基本的には満足のいく試合だったのですが、反省点はあります。一つは決定力。あれだけGKとの1対1の場面があったのだから、もう少し決めないといけないでしょう。またいくら甲府の攻めが良かったとはいえ、押し込まれる時間が少し長かったかなという気がします。特に後半30分過ぎからはあわやという場面を何回か作られましたので、そこをどう早く断ち切るかが課題でしょうね。

 とはいえ、選手に目を向けるとみんな及第点以上の出来だったし、良かったと思います。特に矢島という武器を得られたのはチームにとって大きいでしょう。これで点をとってくれればもっと良かったのですが。他にもテルは相変わらずいぶし銀の働きをしてくれたし、枝村、兵働も調子をどんどん上げているようです。気になるのは西部にダービーの頃のような安定感が少しなかったのと、藤本がもっと絡んでくれればというとこでしょうか。

 これで4年ぶりの4連勝。ホームでは6連勝という事で、これは優勝した年以来なのだそうです。今は上昇気流真っ只中といったところでしょうが、次はアウェーで難敵大分とあたらないといけないので、気を引き締めていきたいところですね。

|

« 代表(対イエメン戦) | トップページ | 今年のユナイテッド »

コメント

ども、YANAさん、その節はお世話になりました。
打ち合い上等というか、お互いに得点機はたくさんあるゲームになるんじゃないかと思ってましたが、エスパルスはそれを4回生かし、相手の得点機は体を張って防ぎきりましたね。
チャンスを潰しまくるうちに、あれっという形であっさり失点して、ますますあせってうまくいかなくなるという「エスパ黄金の負けパターン」がありますが(笑)、それにハマらずにすんだという意味でも枝村のゴールは大きかったと実感するものであります。

よろしかったらリンク張らせてください。私のほうは……バカ系ブログですが、それでもよろしければリンク大歓迎です。

投稿: くろがね・みちお | 2006年8月22日 (火) 00時02分

こんばんは、くろがねさん。コメントありがとうございます。

あのゴールの前までは「黄金の負けパターン」の匂いがプン
プンしてましたから、あれは大きかったですね。ただ面白い
ようにパスがまわっていたので、先制されたとしても打ち合い
には持ち込めていたかもしれませんが。

リンクの方はこちらも大歓迎です。くろがねさんのブログも
リンクを張らせて頂きましたので、よろしくです。

投稿: YANA | 2006年8月22日 (火) 23時36分

YANAさんこんにちは、為麻呂です。

FUJIYAMAダービー 4-0の完勝でしたね。
しかし、YANAさんも仰っている通り、もっと点の取れた試合でしたね。
ただ、甲府が2人目のメンバーチェンジしてきた、後半開始直後に3点目を取ったというのが、甲府のゲームプランを打ち砕いて、ゲームの流れを決定的にしたというところでしょうか。

あたしのブログもエスパの話題も書いてますので、今後ともごひいきに。

投稿: 為麻呂 | 2006年8月23日 (水) 14時59分

YANAさん、どうもQです。

このまま調子よくいってくれるといいのだけれど、
なかなかそうはいかないでしょう。
これから強いチームとの対戦がいっぱいだしね。

矢島は確かにいい。動きとしては抜群によかった。
でも得点を決めないでいては、このまま終わる可能性が
ある。得点する、しないでは大きな差がありると思います。

とにかくこれからも期待はしますが、矢島はチャンスを
いかせなかった。なんとも重苦しい感じがしました。

投稿: オレQ | 2006年8月26日 (土) 13時55分

いらっしゃいませ。Qさん。

矢島は東京戦でもサポーターの声援がすごかったですね。どうやらサポのハートをつかんだようです。

ただ確かに点をとれなければFWとしては?、ですからね。その意味では見ている僕らも期待すると同時に厳しい要求も彼にしていかないといけないのかもしれません。

投稿: YANA | 2006年8月28日 (月) 21時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185705/11532670

この記事へのトラックバック一覧です: 8/19 甲府戦:

« 代表(対イエメン戦) | トップページ | 今年のユナイテッド »