2023年12月 9日 (土)

ユース プレミア復帰ならず

 今日(12/8)からU-18サッカープレミアリーグプレーオフが始まりました。エスパルスユースは仙台ユースと対戦し、1-3で敗れました。

 映像とか全く流れてないのでどんな感じだったかはわからないのですが、11分に太田のゴールで幸先良く先制したものの、17分に追い付かれ39分に2点目と前半のうちに逆転されてしまいました。後半も55分に追加点を奪われ、その後果敢に攻撃を仕掛けたもののゴールを奪うには至らず、1-3で敗れました。

 これにより残念ながら今季ユースが目標にしていた「1年でのプレミア復帰」は未達で終わってしまいました。来季もプリンスリーグ東海で戦う事になります。一度プレミアから降格してしまうと復帰するのは大変な事はわかっていました。何せこの昇格プレーオフが一発勝負のトーナメントという非常に厳しい大会なので。それでも2試合勝ち抜いてくれればと思っていたのですが、甘くはなかったですね。

 ユースの選手達にはお疲れ様でしたと言ってあげたいです。特に3年生は悔しいでしょうが、この悔しさを糧に新しいチームで頑張って欲しいですね。

 一方で、2年続けて結果を残せなかった澤登監督には猛省を促したいです。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

| | コメント (0)

2023年12月 8日 (金)

2023年シーズンオフの動き その1

 前回の記事では秋葉監督の契約更新について書きましたが、同じ日に3人の選手についてのリリースがありました。今回はその話について書きます。

 〇退団

  大久保 拓生(GK 契約満了)
  井林 章(DF 契約満了)
  神谷 優太(MF 契約満了)

 大久保、井林、神谷が契約満了により退団する事がリリースされました。ここ数年は契約満了は通達しても発表はしないで、新しいチームが決まったら発表するようにしていたと記憶しているので、シーズン終了後のこんな早い時期に契約満了の選手が発表された事に少々驚いています。まあ3人とも早めに発表してもらった方が良いと判断したのでしょう。

 大久保は数日前に昇格プレーオフ決勝でエスパのゴールマウスを守ってくれて、あのような結果になってしまったばかりなので、そのタイミングでこのようなお別れをする事になってしまったのは残念です。おそらくは今季の阿部加入に加え来季猪越が入るので、年齢の関係で押し出されてしまったのだろうと思います。2019年の夏に加入してから4年半所属しましたが、ずっとスタメンだったわけではなく、2020年当初は梅田の方が使われてシーズン途中までは出場できなかったし、2021年に権田が加入してからはずっと影に隠れた存在でした。が、腐らずにトレーニングを続け、そして昇格プレーオフの2試合でアクシデントで欠場した権田に代わってゴールマウスを守り、その実力を存分に見せつけてくれました。来季加入する猪越は大久保や権田の練習における姿勢を見て「ここならGKとして成長出来ると思った」とインタビューで語ってくれているのを見ても、プロのゴールキーパーとしての矜持を常に示し続けてくれた素晴らしい選手だったと思います。まだまだ活躍の場はあると思うので、新天地で頑張って欲しいです。

 井林は今季リーグ戦18試合、カップ戦5試合に出場し存在感を示してくれましたが、彼も年齢の面からはじき出されちゃったのかなと推察してます。菊地など後を継げる才能を持つ若手がいますからね。彼は2021年の夏に大怪我をしたノリさんの穴を埋めるために加入して、当初は出場機会を多く得ましたが、ミスもちょこちょこしたために批判される事が多かったと記憶しています。ただ今季は試合数の多いJ2に加えてルヴァン杯も戦わなければならない厳しいスケジュールの中で出場機会を得るようになり、山口戦、いわき戦で得点をあげ、守備面でも安定感のあるプレーを見せて最終ラインを支えてくれました。古巣である東京Vとのアウェー戦で怪我をして、そこからなかなか回復させられなかったのが残念ですしチームとしても痛かったですね。彼もまだ老け込む年ではないですし、そのクレバーな守備を活かせるクラブはあるはずです。新天地での活躍を期待しています。

 あと神谷については昨季加入した選手なので「2年契約だったのか」という驚きがありました。その卓越したボールテクニックと視野の広さをかわれて加入当初から活躍してくれました。今季もリーグ戦で22試合に出場して3得点をあげましたが、同じポジションの中山やカルリーニョスと比較して守備面で物足りなさがあって、そのために契約延長オファーまでには至らなかったのかなと推察しています。ただ彼はホントに印象に残るプレーが多いですよね。今季の国立での千葉戦での先制点なんかがそうですし、何といっても昨季のホームのC大阪戦で高橋大悟に出したパスが忘れられないです。殆ど相手ゴールに背を向きかけた体勢からのラストパスでしたからね。そうしたプレーがウチで観られなくなるのは残念ですが、移籍先での活躍を祈っています。

 今回発表された契約満了の選手は3人ですが、もう少しいるのではないかと邪推してます。そちらは移籍先が決まってから発表されるのかもしれませんね。しばらくはこうした心がザワザワするニュースが続くでしょうね。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

| | コメント (0)

2023年12月 7日 (木)

2023年シーズンオフの動き スタッフ編その1

 トップチームの日程が終了し、早くも来季に向けて2つリリースがありました。今年もシーズンオフの動きについて記事にしていきます。なお例年通り公式HPからのリリース情報しか扱いません。報道ベースの話は記事にはしませんので、その点ご容赦下さい。

 まず秋葉監督の契約更新が発表されました。

 秋葉忠宏監督 契約更新のお知らせ

 これに反対の方もいると思います。かく言う僕も前回の記事で明確に述べた通り、反対です。が、決まったからには応援します。7節終了時点で勝ち点5止まりだったのを昇格プレーオフにまで持っていった実績がありますし、選手の意見も取り入れつつチームを活性化させた事も確かですから。

 ただ戦術面で不足している部分があるなぁという不安もあるので、秋葉監督をサポートしつつ耳の痛い事も言えるコーチの招聘は必須だと思います。仮に昇格していたなら続投が既定路線だったでしょうから、既に監督の意向を受けて動いている可能性もあると思います。また選手補強に関しても監督の意向に沿った選手を集められたらと思います。まあJ2に残留する事になっちゃったので簡単ではないでしょうけど。

 いずれにしろ船長は決まりましたので、秋葉監督の下で来季こそJ1に戻れるように応援していきましょう!(もしダメだったらボロクソに批判しますけどねwww)

 もう1つのリリースについては明日UPします。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

| | コメント (0)

2023年12月 6日 (水)

ユースは今週末に昇格プレーオフ

 2024年シーズンのトップチームの日程は終了しました。が、アカデミーの今季の活動はまだ続いています。

 J1昇格プレーオフ決勝と同じ日、プリンスリーグ東海の最終節が行われ、エスパルスユースはアイスタ日本平でJFAアカデミー福島と対戦。既にリーグ優勝を決めているJFAアカデミー福島を相手に前半1-1で折り返し、後半に入り55分に田中が決勝点をあげて2-1で勝利。優勝したJFAアカデミー福島相手にダブルを達成して昨季までプレミアで戦っていたチームとしての面目を保つとともに、週末に向けて勢いの付く勝利をあげる事が出来ました。

 そして今週金曜(12/8)と日曜(12/10)に高円宮杯プレミアリーグ昇格をかけたJFA U-18サッカープレミアリーグプレーオフが行われます。前も書きましたが各地域のプリンスリーグの上位16チームを4つのブロックに分け、それぞれ一発勝負のトーナメントを戦って勝ち抜いたチームがプレミアリーグへ昇格します。

 その組み合わせ抽選会が月曜(12/4)に行われ、エスパルスユースはBブロックに入りました。トーナメント表は以下の通りです。

20231205-230203

 1回戦では仙台ユースと対戦します。夏のクラ戦ではPK戦となり、何とか勝ったという相手です。全く侮れない相手ですが、ここを突破出来ないと話にならないので、何とか勝ち上がって欲しいところ。そして勝ち上がると決勝では鹿島ユースと瀬戸内(広島)の勝者との対戦となります。プリンス中国で岡山U-18相手に1勝1分だった瀬戸内も侮れませんが、ここは鹿島ユースが勝ち上がる可能性の方が高いと思います。何せ浦和ユース、東京Vユースといった強豪が居並ぶプリンス関東を優勝したチームなので。で、鹿島ユースとも夏のクラ選で対戦して望外の大勝をおさめましたが、その分相手は相当気合入れてくるでしょうしその時からチーム力を上げてくるでしょうから、相当厳しい試合になるでしょう。ただプレミアに昇格して全国にいるJリーガー・代表選手予備軍が揃ったチームとしのぎを削るのと(言い方は悪いですが)東海レベルでとどまっているのとでは、選手の成長度合いは全然違うと思います。是非とも勝ち上がって欲しいです。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

| | コメント (0)

2023年12月 5日 (火)

自滅だが必然でもあった?(12/2 PO決勝 東京V戦)

 こういう試合の振り返りをするのは気が重いです。ただ前の記事で予告しましたし、ずーっと自分のルーチンになっているので、改めて決勝戦の振り返りをしようと思います。

 試合前は気分が高揚してました。朝一で用事を済ませてから行ったのですが、国立に近付くにつれて東京Vサポをちらほら見かけ、国立に着いたら沢山のエスパサポがいて、いやが上にも気持ちは上がりました。タイトルとは言えないですが、エスパにとって何かがかかった試合で国立へ行くのは2012年のナビ杯決勝以来ですからね。試合前の両チームのサポーターの声量も凄かったし、雰囲気は最高でした。

 それが、あんな結末になるとは、ねぇ。

<J1昇格プレーオフ決勝 於 国立競技場>

 清水エスパルス 1ー1 東京ヴェルディ

 ※レギュレーションによりヴェルディがJ1昇格

» 続きを読む

| | コメント (0)

2023年12月 2日 (土)

無念 それでもFootballは続いていく

 今日(12/2)、国立競技場でJ1昇格プレーオフが行われ、エスパルスは東京Vと1-1のドローに終わり、その結果年間順位が上位の東京Vが16年ぶりのJ1復帰を決めました。エスパルスは残念ながら1年でのJ1復帰を果たす事は出来ませんでした。

 無念というか悔しいというか、そういう感情しか湧かないですね。いろいろ本ブログで文句も書きましたが、今年のチームに愛着がありましたし、このメンバーでJ1に帰りたかったので。それがあと3~4分我慢すれば実現する、というところで逃げていってしまった。やはり無念としか言いようがないです。

 ただ、少なくとも今日はチームや選手達を責めたくないです。「当たり前」という向きもあるでしょうが、彼らなりに精一杯戦ってくれたので。特に高橋には顔を上げて前を向いて欲しいです。

 試合の内容については改めてフルタイム観ないとわからないところもあるので、本記事では書きません。とはいえ、今日明日はちょっと観る気にはならないので、月曜以降かな。

 時間がたつに連れてどよーんとした気持ちが深まっているから、今日いっぱいは立ち直れないですね。明日以降いろいろざわざわしてくると思うので、それらにあてられて今年いっぱいは落ち込んだままかもです。

 でも、それでもFootballは続いていくし、エスパルスも続いていきます。続く以上は応援し続けるだけです。分配金が減るので難しいミッションになるのは間違いないですが、今季果たせなかったJ2優勝とともに堂々とJ1に帰るべく頑張って欲しいし、それを精一杯サポートしていきたいと思います。

 エスパルスのクラブ、スタッフ、選手、そしてサポーター・ファミリーの皆様、今年1年お疲れ様でした。

P.S ちなみに「今日は」責めないと書いただけで、明日以降は毒を吐くかもですよ(汗。

20231202_160408_small

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

| | コメント (2)

2023年12月 1日 (金)

J1昇格プレーオフ決勝に向けて その2 エスパルスはいかに戦うべきか

 前回の記事で昇格プレーオフ決勝の相手となる東京Vの印象とか戦い方について書きました。そこで予告した通り、エスパルスが東京V相手にいかに戦うべきかについて書きます。山形戦と同じであまり大した事は書けませんが、頭を整理する程度の話として読んで頂ければ幸いです。

 まずは準決勝と同様、今シーズンの東京Vとの戦いについて軽く振り返ります。

〇4/8 第8節 於 IAIスタジアム日本平

 エスパルスは第7節まで7試合勝ち無し。このためゼ リカルド監督を解任しコーチだった秋葉さんを監督に昇格させてのリーグ戦初めての試合でした。一方の東京Vは第4節から4連勝中でしかも4試合ともクリーンシートと、チーム状態は全く好対照でした。その流れを受けてか開始直後は東京Vがペースを握り、6分にセットプレーから林が先制弾を叩き込みます。が、秋葉体制になり乾をトップ下に据える4-2-3-1のシステムで戦うエスパルスの攻撃が徐々に機能するようになり、前半終了間際の45+2分に北爪がゴールを決めて同点に。後半ネジを巻きなおした東京Vに押し込まれる時間帯もありましたが、90分にCKからセフンが逆転弾を決めて勝ち越し。そのまま逃げ切ったエスパルスがリーグ戦初勝利をあげました。一方の東京Vはこの試合がリーグ戦初の複数失点でした。

〇8/6 第29節 於 味の素スタジアム

 7月のJ2は6試合が組まれる過密日程でしたが、エスパルスは4勝2分で乗り切り調子を上げている状態。一方の東京Vは2勝3分1敗と今一つ波に乗り切れない状態でした。しかし東京Vはシステムを4-1-4-1に変えて、ボール保持時は5レーン全て使う形で両サイドから攻めてきてエスパ守備陣を混乱させ、ボール非保持時はブロックを縦幅も横幅も圧縮して厳しくプレスをかけてきたため、エスパは30分頃までシュートを打てない状態でした。しかし35分、ノリさんのサイドチェンジのパスにより抜け出した原テルがクロス。カルリーニョスのシュートは阻まれましたが、こぼれ球を唯人が見事に流し込んで、押されていたエスパが先制しました。後半はエスパがシステムを3-4-2-1に変え、更に58分に北爪、乾、サンタナを交代で投入して一気に攻撃の圧を強め、カウンターから何度もチャンスを作りました。終盤は東京Vに押し込まれましたが、身体を張った守備で得点を許さなかったエスパルスが勝ちました。

 という事で、今季はエスパが東京Vに対してダブルを達成しています。ただどちらも紙一重の試合でしたので、少なくともダブルを達成してるからといって「相性が良い」とは思わない方がいいでしょう。が、一方で「相手はここ11試合負け無しだから」とか「ここのところ思うように点をとれていないエスパがリーグ最少失点の東京V相手に点をとれるのか」とか変にネガティブに考えてはダメだとも思います。ウチも失点数は東京Vに次ぐリーグ2位だし、得点は東京Vより21点も多くとっているのですから。全くの互角と考えるべきかなと思ってます。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2023年11月30日 (木)

J1昇格プレーオフ決勝に向けて その1 東京Vの印象

 昇格プレーオフ決勝まであと3日となりました。チームは今日(11/29)から非公開の練習に入っており、そこで決勝を意識した練習が行われている事と思います。チケットも明日発売という事で盛り上がってきました。(僕の胃の痛みも増してきています(汗。)

 そこで、昨日(11/28)の記事で予告した通り、決勝の相手となる東京Vについて、どういうチームかを書こうと思います。といっても、東京Vについてもフルタイム観たのはウチとの2試合とホームでの千葉戦、そして先日行われたプレーオフ準決勝の千葉戦の4試合だけなので、やはり情報不足なところがあるのはあらかじめご承知おき下さい。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2023年11月28日 (火)

最後のチャンスを得た試合(11/25 PO準決勝 山形戦)

 先週末(11/25)はアイスタ日本平で行われたJ1昇格プレーオフ準決勝の山形戦を観に行って来ました。寒くなるという予報が出ていましたが、日が照ってきたのでそれほどでもなく、むしろ過ごしやすい気候でした。

 開門時点ではそれほど観客が来ておらず少し心配していたのですが、試合開始が近付くにつれて結構入って来て、1万6千人近くの観客が訪れました。ゴール裏サポも気合が入っていて、いつも以上の声量が出ていました。圧巻だったのは試合前のコレオグラフィで、「再起」の文字を白をベースに浮かび上がらせ、選手が入場してくるのに合わせてベースの色をオレンジに変えていくというもので、これは素晴らしかったです。

<J1昇格プレーオフ準決勝 於 IAIスタジアム日本平>

 清水エスパルス 0ー0 モンテディオ山形

 ※レギュレーションによりエスパルスが決勝進出

20231125_130015_small

» 続きを読む

| | コメント (0)

2023年11月26日 (日)

ユース プレミアリーグプレーオフ進出決定

 昨日(11/25)はアイスタ日本平でJ1昇格プレーオフ準決勝が行われ、エスパルスと山形が対戦し0-0で引き分けに終わりました。この結果リーグ戦で最終順位が山形より上であるエスパルスが決勝進出を決めました。また今日(11/26)もう1つの準決勝が行われ、東京Vが勝利し、決勝の対戦相手は東京Vとなりました。

 昨日の試合は勿論観に行ったので、それに関する記事も勿論書くつもりですが、それは明日(11/27)か明後日(11/28)に書きます。今日はユースについて書きます。

 昨日(11/25)、プリンスリーグ東海の第17節が行われました。エスパルスユースは浜松開誠館と対戦。前半早い時間に先制し、後半1度は同点に追い付かれたものの2分後に勝ち越し、終盤に突き放して3-1で勝利しました。一方、3位の藤枝明誠は既に優勝を決めているJFAアカデミー福島と対戦しましたが、0-3で敗戦。この結果、残り1試合で3位との勝ち点差を4に広げたエスパルスユースが2位を確定させ、高円宮杯JFAU-18サッカープレミアリーグプレーオフ進出を決めました。

 プリンスリーグ東海の順位表は以下の通りです。

Photo_20231126193401

※JFA公式HPより引用⇒リンク

 前半戦は苦戦が続き中位にいましたが、夏のクラブユース選手権を通して少しずつチーム力を上げて第12節で2位に浮上し、何とかプレーオフへ進む事が出来ました。JFAアカデミー福島の後塵を拝したのは残念ですが、来週最終節での対戦を残してますので、是非とも勝ってダブルを達成しプレーオフへ弾みを付けて欲しいですね。

 高円宮杯JFAU-18サッカープレミアリーグプレーオフは12/8と10にエディオンスタジアム広島などの広島県の4会場で行われます。全国のプリンスリーグで上位に入った16チームを4つのグループに分けて、グループ毎に4チームのトーナメント戦を行い、勝ち抜いた4チームが来季のプレミアリーグに参入する権利を得ます。過去に静学も磐田U-18も何度かここで敗退したと記憶しています。過酷な大会ですが、是非ともプレミアリーグ復帰を果たして欲しいです。

 トップチームもユースも目標達成まであと少しですね。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

| | コメント (0)

«J1昇格プレーオフ準決勝に向けて その2 エスパルスはいかに戦うべきか