2018年1月21日 (日)

2017年オフの動きその9

 先週にオフの動きの総括を書いた時点で「事情があって発表できない選手」が1人いましたが、ようやく今日(1/21)正式発表されました。

 ○加入

  クリスラン(SCブラガ(ポルトガル)からレンタル移籍)

 ポルトガルリーグで三強に次ぐ存在のブラガに在籍し、昨年は仙台でプレーしたクリスランが加入する事になりました。アイスタでの試合とルヴァン杯で合わせて3点くらいとられているので、逆に「いい選手が来てくれた!」と思ってます。仙台がよりポゼッションを重視するサッカーに移行する中でなかなかそのサッカーに適応できず、後半戦は途中出場が殆どのようでしたが、その身体能力とウラへ抜ける上手さはかなりのもの。練習開始からチームに合流し、昨日(1/20)の紅白戦で2得点するなど早くも存在感を示し始めているようなので、どんなプレーを見せてくれるのか楽しみです。

 背番号8が空いているのはなぜ?というのはあるものの、ひとまずこれで今年の戦力が出そろいました。まあ総括を書いた時と同じで、攻撃力はアップしたものの守備がプラマイゼロなので不安が大きいのが正直なところで、ヨンソン新監督の手腕に頼らざるを得ない感じです。ただ練習の雰囲気はかなりいいようなので、上手く仕上げてくれる事を期待したいです。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月14日 (日)

2017年オフの動きの総括(1/14時点)

 1/12に新体制発表記者会見が行われ、新しいスローガンや背番号も発表されました。まだ事情があって発表できない選手が1人いるようなのですが(明日(1/15)からの練習には合流するとも聞いています)、ひとまずその選手は除いた状態で、今オフの様々な動きを経て固まった陣容を見ての感想を書こうと思います。

 今オフの動きを大まかにまとめると、以下のようになります。

  ・移籍加入:3人(ファン ソッコ、兵働、楠神)
  ・新人獲得:6人(新井、西村、高橋、平墳、伊藤、滝)
  ・レンタル移籍より復帰:2人(石毛、水谷)
  ・レンタル移籍:2人(枝村、宮本)
  ・退団:10人(村松、犬飼、カヌ、チアゴ アウベス他)
  ・引退:1人(杉山)

 一見すると退団した選手が多いように見えますが、半分は昨季既にレンタル移籍していた選手が完全移籍しただけで、昨季チームに在籍した選手で退団した選手は犬飼ら5人。他にも六反、松原あたりについて他チームが獲得を検討しているという報道がありましたが、無事に契約更新してくれました。また松原、白崎あたりが昨季で契約が切れるのでは、と思っていたのですが、シーズン途中で複数年契約を結び直していた模様で、このあたりは昨年の反省とDAZNマネー流入を受けてしっかり対策をしてくれていたようです。犬飼が鹿島に引き抜かれた事だけが痛手でしたが、昨季の成績を考えれば流出は最小限に食い止める事が出来たと思っています。

 一方、加入は新人選手やレンタル移籍からの復帰も含めると11人。昨季ギリギリまでJ1に残れるかがわからず、それに伴って動きが遅くなった事を思えばまあまあともとれますが、新体制発表記者会見で掲げられた目標順位は昨季と同じ一けた順位。それも加味して考えると「不満」と言わざるを得ません。中盤から前はそこそこ戦力が揃っており、仮に加入濃厚と言われている選手が加わるとすればむしろ昨季より戦力はアップしたように見えます。しかし昨季低迷した一番の原因は失点の多さであり、そこに関しての補強はファン・ソッコ一人で、しかも犬飼を引き抜かれたからプラスマイナスゼロなんですよね。その点は「不満」であり、「不安」にも思うところです。

 その分はどうしてもヤン・ヨンソン新監督にリカバーして頂かざるを得ないところです。幸いヤン・ヨンソン監督は記者会見で「強固な守備を作った上で良いサッカーをする事を目指す」と仰っており、また伝統的にスウェーデンやノルウェーは組織的な守備を持ち味にしている印象があるので、まずは守備組織の構築に重点を置いたチーム作りをされると思います。昨季の広島での実績もありますので、その手腕に期待したいと思います。

 話は少しそれますが、新体制発表記者会見の中でクラブの売上高が着実に伸びている事、その中で親会社が占める割合がかなり減少している事に驚きました。左伴社長就任以降着実にクラブの体制は強化されていると感じましたし、そこに久米GMが加わってくれたのも心強い限りです。実際にこの収益の増加をベースにした久米GMの辣腕の発揮は今季終了後のオフになるかもしれませんが(もっとも今季のオフの選手獲得には既に久米GMの意思が入っていたようですが)、それをきちっと発揮してもらうためには今季の目標を達成する必要があると思うので、大変とは思いますがトップチームの監督、コーチ、選手の皆さんには頑張ってもらいたいです。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月12日 (金)

2017年オフの動きその8

 明日(1/12)の新体制発表記者会見を前にして、今日もいろいろな発表がありました。

  ○加入

   楠神順平(ウェスタンシドニーワンダラーズより完全移籍)

  ○退団

   カヌ(スパンブリーFCヘ完全移籍)
   チアゴ アウベス(アルヒラルからのレンタル移籍終了後、アルヒラルへ復帰)
   光崎 伸(契約満了)

 まずは退団する選手から。カヌはCBの戦力強化のために加入してくれて、6月頃からスタメンを奪取し、持ち前の高さと強さを活かして守備力の強化に貢献してくれました。しかし8月の柏戦あたりから横の揺さぶりに弱い事を突かれるようになり、それによる失点の増加や角田の戦列復帰により、出場機会を失っていきました。やはりJ1クラスのストライカーの早さと上手さには適用しきれなかったので、わずか1年での退団は致し方ないと思います。ただ6月から8月上旬にかけてウチがコツコツ勝ち点を稼ぐ事が出来たのは、彼の高さと強さを活かした守備があったからこそなので、その部分では本当に感謝しています。またタイに戻る事になりましたが、移籍先での活躍を祈っています。

 次にチアゴ アウベスですが、とにかく「もったいないなぁ」という印象です。出場し始めた頃は「いい選手を獲得できたなぁ」と思っていました。左足のシュートの威力は抜群だし、プレースキックの精度も高いものがありました。それによりスタメンを張るようになりましたが、試合を重ねる毎に、周りを使わず単騎で突破を試みてはあっさりボールロストしたり、バランスを無視してサイドへ流れたりというような悪い面の方が目立つようになり、怪我がちだった事もあって次第に出場機会を失っていきました。もっと個人戦術を磨いていけばもっと良いクラブに行けたのではないかという印象を持っているので、その意味で「もったいないなぁ」と思ってます。ただ能力自体は本物だと思うので、移籍先で頑張って欲しいです。

 一番残念なのは、光崎ですね。加入して早々にオーバートレーニング症候群と診断され、練習もままならない状態で二年間を無駄にしてしまう結果となってしまいました。この病気はメンタル面の要素もあるみたいなので、その面ではクラブ側のサポートも足りなかったのではないかという気もするので、「申し訳ない」とすら思います。幸い少しずつ回復し、どこかのセレクションを受けたというウワサも聞こえてきています。とにかく今は新しいチームを見つけて、以前のように元気にサッカーをしてくれる事を願うばかりです。

 一方、加入の方では、年明けに獲得濃厚と報じられた楠神の加入が発表されました。約10年前に高校サッカーに旋風を巻き起こした野洲の優勝メンバーの一人です。JリーグではC大阪在籍時代に手酷くやられたという印象があります。彼の持ち味はドリブルとキープ力の高さ。野洲の後輩の村田とはまた違った上手さを持った選手ですね。やはりサイド攻撃がエスパの伝統と言ってもいいと思っているので、その伝統に合致しそうな楠神の加入は歓迎です。まずはスタメンを奪取するところからですが、早くプレーを見てみたいです。

 これで獲得濃厚と報じられたもう一人の選手を除き、今シーズンのエスパルスの選手が固まりました。それを踏まえての今オフの動きの総括的な記事を週末にでも書ければな、と思います。

 明日の新体制発表記者会見を経て、来週から新チームが始動します。楽しみですね。

※ブログランキング参加中です

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月10日 (水)

2017年オフの動きその7

 珍しくここのところ毎日更新してます(汗)。今日(1/10)は他クラブにレンタル移籍していた二人の選手についての発表がありました。

 ○加入

   水谷拓磨(FC今治へのレンタル移籍終了後復帰)

 ○退団

   宮本航汰(長崎へのレンタル移籍終了後FC岐阜へレンタル移籍)

 まず宮本については復帰も噂されていましたが、岐阜へ再びレンタル移籍する事となりました。CBの枚数が若干足りないように感じるので、戻ってもらった方が良いようにも思いますが、二年間の長崎の在籍中に十分試合経験が積めたとは言い難いので、引き続き武者修行させるのは悪い事ではないと思います。また岐阜はパスサッカーを信条とするチームなので、彼のスキルはより重宝されるかもしれません。引き続き頑張って欲しいです。

 一方、水谷がFC今治での修行から帰ってくる事になりました。彼もまた十分な試合経験を積めたとは言い難いので、その分復帰後はより大変になるかもしれません。ただ彼は本当に「ポリバレントな選手」で、CB以上に不足気味のSBも出来ますから、ヨンソン監督へのアピール次第ではチャンスが貰えるかもしれません。「帰ってきた」と甘える事なく、頑張って欲しいと思います。

 契約更改も進んで、日本ジ選手では光崎を残すのみとなりました。彼はオーバートレーニング症候群に苦しんで昨季も練習復帰できなかったので、気になるところではあります。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 9日 (火)

2017年オフの動きその6

 昨日(1/8)はイチの引退試合一色でしたが、今日(1/9)になって動きがありました。

  ○加入

    兵働昭弘(甲府より完全移籍)

  ○退団

    枝村匠馬(福岡へレンタル移籍)

 まず枝村についてですが、なかなか契約更新の知らせが来ず、その間に移籍の噂もあったのですが、その噂通りとなってしまいました。ユース出身で最年長の選手だし、中盤ならどこでもこなせる器用な選手だったので、こういう形でお別れする事になったのは残念ですし、戦力的にも痛いところです。ただ一方で、金子が昨シーズン終盤にサイドハーフとして存在感を見せ始めていたところでもあるので、そうした若手の出場機会を増やす意味では致し方ないかも、とも思っています。J1復帰を目指す福岡からも強く誘われたとも思うので、福岡のJ1復帰に貢献できるよう頑張って欲しいです。

 一方、既報通り、兵働の’10年シーズン以来の復帰が決まりました。彼もまた残念なお別れの仕方をしてしまったのですが、そんな事を今さら気にする必要はないし、在籍時は好きな選手だったので、彼がチームに戻ってくれたのは素直に嬉しいです。年齢の面だけが気になるところですが、水戸や甲府に在籍してエスパと対戦した時は中盤の起点としてイヤらしい存在感を出していたし、1試合あたりの走行距離もかなり多い方だったようなので、その点は気にしなくてもいいのかもしれません。おそらく竹内、六平、増田らとボランチのポジションを争う事になると思いますが、彼が再び日本平でどんなプレーを見せてくれるか楽しみです。

 今週金曜に新体制発表会があるようですが、他に移籍加入の報道のあった選手の加入の発表はあるのでしょうか。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 8日 (月)

市川大祐引退試合

 今日(1/8)は、市川大祐さんの引退試合を観に、今年初めてアイスタへ行ってきました。これまでの好天が嘘のような空模様で、「何とか試合終了まで雨が降らないで欲しい」と思っていたのですが、試合開始前から雨が降り出し、後半からセレモニーまでは本降りだったので、大変でした。

 ただ、行った甲斐はありましたね。やっぱりメンバーが豪華だし、そんなメンバーが楽しそうにサッカーをしていたので、観ていたこちらも和やかな気持ちにさせられました。昨年末のアイスタには荒んだムードが蔓延してましたから(苦笑)、余計に気分が良かったです。エスパ目線で言うと、オジー、ペリマン時代の主力が軒並み参加していたのに加え、クラブ草創期を支えた清水東三羽烏や、その一人である長谷川監督時代のメンバーである和道、兵働らもいて、さらにイチのユースの同期メンバーの平松らも来てくれましたから、それを観れただけも行った甲斐があったし(欲を言うなら俊秀、森岡、戸田の三人での3バックが観たかった!)、ジャパンオールスターズの方も中山、井原、相馬、名波といったジョホールバル組や宮本、小野、中田浩、小笠原、稲本らゴールデンエイジ組などそうそうたる顔ぶれで、特に小野、稲本、小笠原はさすがのプレーぶりでした。一方で中山や健太などプレー以外で盛り上げてくれた選手もいましたが。それから忘れてならないのは、亡くなられた真田さんの息子さん二人が出場してくれた事。お兄さんの方は後半途中までエスパ側のゴールマウスを守ってくれたし、弟の方もイチの1点目につながるプレーをしてくれました。特にお兄さんの方は獲得を考えてみてもいいのではないでしょうか?

 セレモニーでの挨拶の途中、イチが感極まって言葉が出なくなる場面がありましたね。やはり順風満帆とはとてもいえないサッカー人生だった分、思うところが多かったのでしょう。オーバートレーニング症候群にかかってナイジェリアでのワールドユースに出られなくなったり、’03年以降度重なる怪我で満足なプレーが出来なくなるなど、本当に苦労しましたからね。ただ、調子が良い時の、機を見てのオーバーラップとそこからの正確なクロスは、本当に魅力的でした。そういう武器があったからこそ、ここまで長くプレー出来たのだと思います。

 彼のプレーで印象深いのは、’06年シーズンのフクアリで見せた右サイドの空いたスペースに走り込んでの弾丸ミドルと、’09年シーズンの日本平での鹿島戦で、0-2からヨンセンのダイビングヘッドで同点に追いついたんですが、そのヨンセンへの絶妙のクロスですね。W杯のチュニジア戦での中田英へのクロスも捨てがたいのですが、やっぱりこの2つが印象的です。

 既に昨年からエスパルスの育成部に着任して、様々な活動を行っていると聞いています。彼の手によってイチ二世、三世みたいな選手が見出されたらいいな、と思います。

 とにかく、市川大祐選手、長い間お疲れ様でした&ありがとうございました。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 7日 (日)

2017年オフの動きその5

 予想通り、今日(1/7)も公式リリースがありました。

  ○退団

   キム ボムヨン(千葉へのレンタル移籍終了後、水原FCへ完全移籍)
   ビョン ジュンボン(金沢へのレンタル移籍終了後、甲府へ完全移籍)

 二人とも既定路線ですかね。まずキム ボムヨンですが、一昨年の途中に加入し、日本人にはない重量感のあるドリブルで一時はSBのポジションを掴みましたが、一方で守備の粗を突かれる事も多くなって、次第に出場機会を失っていきました。昨年は千葉へレンタル移籍し、慣れないCBをこなして千葉のプレーオフ進出に大きく貢献しました。今年は事情(おそらくは兵役?)により韓国でプレーする事になりましたが、性格は本当に憎めない選手だったので、母国の活躍を祈っています。

 一方のビョン ジュンボンは、一昨年はCBの一人として最終ラインを支えてくれました。特に印象深いのはホームの水戸戦のラストプレーでの決勝ゴールですね。昨年も期待されていましたが、ルヴァンカップなどで存在感を発揮できなかったために出場機会を失い、それを求めて金沢に移籍しましたが、怪我などで思うように働けませんでした。今年はJ1復帰を狙う甲府でプレーする事になり、期待も大きいと思います。フィジカルの強さはやはり魅力があるので、今年の末にウチの強化部が「買い戻したい」と思える選手になって欲しいと思います。

 今日はこの他新たに三人の契約更改が発表されました。まだ未更改の選手が数人、あと昨年レンタル移籍していて去就が発表されていない選手もいますが、そのあたりも今週にははっきりするでしょうね。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年オフの動きその4

 だんだんチーム始動が近付くにつれ、今季の体制が少しずつ出来上がってきました。そんな中で、今日(1/6)は大きな動きがありました。

 〇退団

   犬飼智也(鹿島へ完全移籍)
   福村貴幸(FC岐阜へのレンタル移籍期限終了後FC岐阜へ完全移籍)

 〇加入

   清水航平(広島からのレンタル移籍期限延長)
   石毛秀樹(岡山へのレンタル移籍期限終了後復帰)

 一番大きなニュースは犬飼の鹿島への移籍ですね。昨年末に報道がなされてからある程度覚悟はしていましたが、正直昨年の大前の移籍以上に戦力的に痛い移籍です。CBの中で一番計算できる戦力でしたからね。ただ、昨年からDAZNマネーが入った事によりこういう事態がおきる可能性はより高まったと思っていたので、昨年ほどのショックはないです。実際、今季は契約更新してくれた松原や北川もいつ同じような引き抜きにあうかわからないと考えた方が精神衛生上良いし、それがイヤなら我々サポーターとしてはシーチケを買うとか今まで以上にクラブに「投資」する事が必要かと思います(といいつつ、まだシーチケの申し込みをしてなかったので、連休明けに投函しようと思ってます(汗))。ま、ひらたく言えば、強くなってもらうしかないって事ですね。あと犬飼に対しては「去年の大前の二の舞にならないよう頑張れよ」との言葉を贈ります(もちろんウチとの試合以外で。)。

 福村の完全移籍に関しては、既定路線でしょうね。大木さんの下で頑張っていたようですから。最終ラインを任せるには辛かったけどパスセンスはいいモノを持っていたので、今季も岐阜で頑張って欲しいです。

 一方の加入組ですが、まず清水に関しては、完全移籍にならなかったのは残念ですが、引き続きエスパで戦ってくれる事になったのは大きいですね。何せ両SBが出来ますし、鎌田が夏前まではリハビリですからね。まだまだウチで本領を発揮しているとは言い難いと思ってますので(SBだからかもしれませんが。)、今季も引き続き頑張って欲しいです。

 それと石毛のレンタル移籍からの復帰が決まりました。レンタル先の岡山でさほどインパクトのある働きができた感じではない印象ですし、中盤のアタッカーに関しては、加入濃厚とウワサされている選手も含めると、使える選手が増えた印象があるので、この中で競争に打ち勝つのは大変だと思います。ただ、それは覚悟の上だと思いますし、持って生まれたサッカーセンスはピカ一だと思っているので、彼にも頑張って台頭してもらいたいです。

 今日の動きは以上。前述の獲得濃厚とウワサされている選手とか、レンタル移籍中で今季に関してはまだ発表のない選手、さらにはまだ契約更新を終えていない選手がいるので、明日(1/7)以降も動きが多いかもしれないですね。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 1日 (月)

謹賀新年

 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

 まずエスパルスの事について書くと、昨年は最後の最後まで苦しみましたが、何とか今年もJ1で戦える事になりました。とはいえ、昨年のようなギリギリの戦いを繰り返していたらやがてクラブの体力もなくなっていくのは目に見えていますが、クラブも同じ事を考えたのか、久米氏をGMとして招へいするなど、体制をより盤石なものとするための動きをしています。肝心の選手補強の動きはあまり聞こえてきませんが、そこはなるようにしかならないところがあるので、吉報を待つしかないですね。とにかく今年はより安らかな気持ちで試合が見られるようにして欲しいです。

 一方で六月にはワールドカップが始まります。肝心の日本代表の状態がいまひとつなのが気になるところですが、それでも世界中の強豪がしのぎを削る戦いが見られるのは楽しみです。

 何にせよ今年もちょこちょこ駄文を書かせて頂きますので、お付き合い頂ければ幸いです。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月30日 (土)

エスパルスの2017年シーズン総括(駄文失礼)

 えーと、2017年もあと1日で終わりです。で、シーズン最終戦の時に、「何か総括のようなものを書くつもり」と書きましたが、ずーっと出来ずにいました。まあ僕の文章なんで大した事は書けませんが、僕なりの「エスパルス2017年シーズン総括」を書いてみたいと思います。ヒマつぶしにでもお目通し頂ければ幸いです。

 シーズン始動時、クラブは今季の目標を「9位以内」と設定しました。一時は「もしかしたら届くかも」というところまできましたが、終わってみれば14位となり、最終戦までJ1残留が決まりませんでした。その原因は大体以下の3つになると考えています。

 ①補強の失敗
 ②相次ぐ怪我人
 ③微妙な戦術のズレ

 以下、1つずつ述べていきます。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«2017年オフの動きその3