2018年11月12日 (月)

Jユースカップ準決勝

 昨日(11/11)行われたJユースカップ準決勝で、エスパルスユースがアルビレックス新潟U-18を2-0で下し、決勝へ進出しました。

 DAZNで生中継をしてくれたので観たのですが、クラ選の時と比べて守備が安定したなぁと思いました。トップと同じで4-4-2のコンパクトなブロックを敷き、相手が入ってきたところへしっかりとチェックにいけていたし、最終ラインと中盤の間も狭くして、中盤の後ろに入られても最終ラインと中盤とでしっかりサンドしてボールを奪う事が出来ていました。夏のクラ選の時は特に後半は3回くらい決定機を作られていたし、今回当たった新潟U-18も中盤の本間君を中心に技術がしっかりした選手が揃っていたのですが、ほとんど危ない場面を作られませんでしたからね。このへんはタイトルをとった自信から来るものなのかな、と思いました(まあ単純にコンディションの違いもあるかもしれませんが)。

 攻撃に関しても、一人一人の技量が高い上に基本的にタテ方向へポンポンとパスをつないでくるので、観ていて面白いなと感じました。先制点につながるパスは見事でしたし、他にも印象に残ったプレーが多かったです。個々の選手を見ても、エスパユース伝統の(?)ちびっ子系アタッカーの青島君がいる一方で、身体がしっかりしていてスケールの大きそうなプレーをすると川本君みたいな選手もいて、なかなか面白かったです。

 決勝は来週日曜。エスパルスユース初の二冠をかけて横浜F・マリノスユースと対戦します。伝統のあるチームですから厳しい戦いになるでしょうが、確か去年のクラ選のグループリーグで対戦して負けてしまってまさかのグループリーグ敗退となってしまったという記憶があるので(間違ってたらゴメンなさい)、ぜひその時の借りを返して二冠を達成して欲しいなと思います。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月11日 (日)

クリスランに捧げた勝利(11/20 名古屋戦)

 昨日(11/10)はホーム・アイスタ日本平での名古屋戦でした。最終戦のチケットが早々に売り切れた影響かこの試合のチケットも前売りで完売。良い天気だった事もあって、多くの観客が詰めかけました。

 この日、選手達は入場時に背番号20のTシャツを着て入場。試合終了後の勝ちロコでもそのTシャツを着て踊っていました。北川が先制ゴール後にクリスランを真似たパフォーマンスをしていたし、ヒーローインタビューでも立田がクリスランの事も触れていました。こうやって選手誰もが無念の長期離脱となったクリスランの事を思ってプレーするあたり、「このチームは本当によくまとまった良いチームだなぁ。」と胸が熱くなりました。

<明治安田生命J1リーグ 於 IAIスタジアム日本平>

  清水エスパルス 2ー0 名古屋グランパス

Cimg1467_small


» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 9日 (金)

2018年新人獲得動向 その2

 1週間前の話ですみません。来年新加入する選手として、GKの梅田透吾選手がユースからの昇格の形で加入しました。

 ○新加入

  梅田透吾(GK エスパルスユース)

 各年代別の代表にも選出された経験を持ち、優勝した夏のクラ選でMVPに選出された選手が、満を持しての加入となりました。クラ選決勝の映像を観ましたが、上背があるのに反射神経も凄くて、相手の決定機を何度もセーブしていました。チームメイトからの信頼も厚いようで、将来頼りになりそうな選手が入ってくれたと思います。トップチームのGKには何といっても六反がいるし、競争は大変そうですが、同時にお手本になる選手も多いという事でもあるので、どんどん良い所を吸収して欲しいと思います。

 しかし現在GKは、期限付き移籍中の高木和も含めて5人。となると誰かとお別れする可能性が高いわけで、そこは少し寂しさを感じるところではあります。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 5日 (月)

兵働選手、引退

 昨日(11/4)、SC相模原所属の川口能活選手の引退が発表され、「ああ、もうそういう季節なんだな」と思っていたら、今日、身近な選手の引退が発表されました。

 兵働昭弘選手 現役引退のお知らせ(クラブ公式)

 彼が入団したのが2005年。この年は当時の久米強化本部長の意向のもと、7人もの新入団選手全員が前の所属チームでキャプテンを経験した事があるという珍しい構成でした。その年から現FC東京監督の長谷川健太さんが率いたわけですが、この年から2010年にかけては同じ年に加入した青山、枝村、岡崎、岩下、平岡、翌年に加入した藤本、矢島など若いタレントが雨後のタケノコのように次々と台頭してきて、雰囲気的には今年と同じで、すごく活気がありました。残念ながらこの時はタイトルを獲れませんでしたが、伝わってくるチームの雰囲気の良さもあって、僕の中ではオジー・ペリマン時代と並んで好きな時代でした。

 その中心にいたのが、兵働でしたね。

 左足の正確なキックとゲームコントロール能力の高さは魅力でしたし、そのキャプテンシーでチームをまとめあげてくれました。印象に残るゴールも多くて、ダービーでは5-1で大勝した時の見事なトラップからの3点目を決めてくれましたが、それと並んで印象に残っているのが2005年のホームでのダービーでの、昨日引退を発表した川口の頭上を打ち抜いた同点ゴールです。負けると本当に残留が危うくなる中でのゴールだったからかもしれませんが、ゴール後のガッツポーズと相まって印象に残っています。

 こんな感じで思い出話がポロポロ出てくるくらい好きな選手だったので、2010年オフに柏への移籍が発表された時は本当に残念だったし、今年エスパルスへの復帰が発表された時も本当に嬉しかったです。復帰してからわずか1年で引退してしまうのは残念ですが、彼の決断を尊重しなければならないし、選手生活の最後のクラブにエスパルスを選んでくれたのはやはり嬉しいです。

 とにかく、お疲れ様でした&ありがとうございました。次のキャリアでのご活躍を心から祈っています。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 4日 (日)

4連勝ならず(11/2 湘南戦)

 今節のエスパの試合は金曜のアウェイでの湘南戦でした。あそこはスタジアム内はともかくスタジアム外のグルメが充実しているので、土日であれば間違いなく行ったのですが、残念ながら速報メールが頼りとなりました。

 結果は久々に無得点に終わってのドロー。今季初の4連勝はなりませんでした。内容的にもあまり良いところのない試合となったので、落胆した方も多いかと思います。ただ試合は相手があっての事なので、湘南が上だったと認めざるを得ないでしょうね。

<明治安田生命J1リーグ 於 Shonan BMWスタジアム平塚>

    清水エスパルス 0ー0 湘南ベルマーレ

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月22日 (月)

今季2度目の3連勝(10/20 広島戦)

 昨日(10/20)はホーム・アイスタ日本平での広島戦でした。試合前はいい天気だったのがにわかに曇り始め雷の音が聞こえる状況になりましたが、幸い雨には降られませんでした。

 前節のダービー大賞を受けて選手に気の緩みが出ないかという一抹の不安がありましたが、決してそんな事はなく、2位につける広島相手にクリーンシートでの勝利。選手一人一人が随分頼もしくなったなぁと感じました。

<明治安田生命J1リーグ 於 IAIスタジアム日本平>

    清水エスパルス 2ー0 サンフレッチェ広島

Cimg1457_small


» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月14日 (日)

2018年新人獲得動向

 今年も新人獲得に関するニュースが流れる時期となりました。昨年6人の新人を迎え入れた分今季は静かでしたが、昨日(10/13)一人目の選手の獲得が発表されました。

 ○新加入

   西澤健太(MF 筑波大学)

 1年の時に筑波大学を関東2部から1部に復帰させ、3年の時にはリーグ優勝に貢献し、今年は10番を任された選手の加入です。ポジションは攻撃的MFで、金子、白崎、石毛、デューク、村田あたりと争う事になりますが、ボランチの経験もあるとの事です。

 また、大半の方はご存知かと思いますが、西澤選手は中学高校時代はエスパの下部組織に在籍し、主力として活躍してきました。北川、水谷、宮本(現岐阜)の同期です。高校卒業時点ではトップチームの昇格はかないませんでしたが。その後大学で活躍して、それが認められての加入となります。Jr.ユースの後高校大学と離れた後トップチームに加入した例としては高林がいますが、ユースまで一緒にやっていた後でトップチームに戻ってきたのは今回が初めてだそうです。

 まあ希望者全員をトップチームに迎え入れられたらいいのですが、当たり前の話ですが予算とかチームの構成の兼ね合いがあるので、そんな事は無理なわけです。大学を経てプロになる時にしてもそれは同じで、タイミングが合わない時の方が多いと思います。ですから今回の西澤選手は幸運といえるのですが、一方で彼は「後輩達への道を作りたい」というような事を言っています。確かに彼がトップチームで活躍すれば、彼のように大学で頑張っているエスパユース出身選手への良い刺激となると思うので、頑張って欲しいと思います。

 前述の通り昨年6人を加入させているので、今年はあと1~2名くらいですかね。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 9日 (火)

北川航也A代表選出

 ダービー勝利から一夜明けた今日(10/8)、また嬉しいニュースが飛び込んできました。

北川航也選手がA代表に選出され、合宿に合流しました。

 いやあ、エスパの選手がA代表に選ばれるなんて本当に久しぶりなので、戸惑っている、というのが正直なところです。ただ彼にしろ金子にしろ松原にしろ、ここのところエスパには活きのいい選手がどんどん出てきているので、「誰か呼んでくれないかな。」と思っていました。だから本当に嬉しいですね。

 今の代表はいろいろな選手を呼んで試している段階だと思うので、アピール次第では入り込む余地は十分あると思います。練習からどんどんアピールして、エスパの他の選手があわせて呼ばれるような「道」を作ってくれたらなと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 8日 (月)

圧巻(10/7 磐田戦)

 昨日(10/7)はホーム・アイスタ日本平での磐田戦でした。開門2時間半前くらいに着いたのですが、とにかく大変な人出で、本当ににぎわっていました。一方、台風が逆に災いしたのか季節外れの厳しい日差しと暑さに見舞われ、その影響からかドリンク類が早々に売り切れになったりして、暑さをしのぐのが大変でした。

 両チームのサポーターがコレオを用意するなどして選手を鼓舞し、それに応えるかのように選手達も気合の入ったプレーを見せましたが、結果は5-1で完勝。昨季は0-3で完敗して本当に悔しい思いをしたので、この日の試合には溜飲が下がる思いでした。また選手達が本当にうれしそうにしていたのも印象的でしたね。

<明治安田生命J1リーグ 於 IAIスタジアム日本平>

    清水エスパルス 5ー1 ジュビロ磐田

Cimg1452_small


» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 2日 (火)

空気を読まずに快勝(9/29 FC東京戦)

 感想を書くのがつい遅くなってしまいましたが、一昨日はアウェイのFC東京戦に行って来ました。この日はFC東京のクラブ創設20周年記念試合と銘打って様々なイベントが行われ、そのせいか雨天にも関わらず3万3千人もの観客が集まりました。中でもクラブのOBが集まって行われたOB戦には、F東サポからするとよだれが出そうなメンバーが集まり、10分ハーフとはいえ大いに盛り上がっていました。

 で、こういう相手の何かを記念しての試合とか何かがかかっての試合となると途端に空気を読んでしまうのが我らがクラブの悪いクセだと認識しています。ましてF東には'12年4月のあの試合からずっと勝ってなかったわけで、正直「勝ち点1でもOKかな」と思ってました。それがそうした空気を全く読まない快勝劇。「やっぱこのチームは読めないな」と思ってしまいました。

<明治安田生命J1リーグ 於 味の素スタジアム>

    清水エスパルス 2ー0 FC東京

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«「惜しかった」ではダメ(9/21 G大阪戦)