2017年3月24日 (金)

男子代表UAE戦

 今週から来週にかけては国際Aマッチが開催されるので、週末のJ1リーグはお休みです。で、アジアではこれにあわせてW杯最終予選6試合が行われました。日本はアウェイでUAEと対戦。ホームでは敗れているため苦戦が予想されましたが、ご存知の通り2-0で勝利をおさめました。

チームの出来としては「良くもなく悪くもなく」という感じですかね。特に守備の面において少々物足りなさを感じました。どこでボールを奪うのかが明確になっていない感じで、その分ボールホルダーに一人でチェックにいく場面が多くて、それにより相手にドリブルの手前まで侵入を許しがちになっていました。前半30分過ぎからの15分間と後半の立ち上がりは特にそれが顕著だったし、その時間帯の中で中盤に自由にパスを回されてこちらの左サイドからのクロスを許してファーサイドで合わされそうになる場面がありました。あの場面を決められていたら試合はわからなかったし、まあ2~3日前に集まって合わせただけのチームにクラブと同レベルの守備を期待する事が無理なのは理解していますが、ちょっと物足りなかったと感じています。攻撃も右の久保と左の原口のスピードを活かそうという意図は感じましたが、右は酒井宏の援護もあって久保が躍動しましたが、左はどうしても相手のオマル・アブドルラフマンに引っ張られてしまって原口を活かしきれなかったのが残念でした。

 とはいえ、最終予選は結果が全てです。その意味で、難しい中東アウェイの地できっちり勝ち点3を持ち帰った事は評価できます。それにチームとしては機能しきれませんでしたが、出場した選手個々はよくファイトしていたと思います。特に今野が長谷部不在の穴を感じさせない活躍を見せた事と久保や大迫がクラブでの活躍をそのまま代表に持ち込んで躍動してくれたのは大きな収穫です。とにかく本大会出場に向けて乗り越えないといけない壁を一つ乗り越える事ができたのは良かったと思います。

 この後は日本に戻って、火曜にタイ戦が行われます。せっかくアウェイで勝ってもこのタイ戦でつまずくようでば全く意味がないので、きっちり勝ち点3を奪って欲しいと思います。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月20日 (月)

逆転負け(3/18 鹿島戦)

 昨日(3/18)はアイスタでの鹿島戦でした。2連勝中というのが好影響を与えたのかこの日もチケットの売れ行きが良く、1万7千人近い観客が訪れました。

 しかし結果は2点リードしながらの逆転負け。なんというか、いい気持ちで眠っていたのを思いっきり平手打ちでたたき起こされたような気分で、トップカテゴリーの厳しさを思い知らされた試合となってしまいました。

<明治安田生命J1リーグ 於 IAIスタジアム日本平>

 清水エスパルス 2ー3 鹿島アントラーズ

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月16日 (木)

今季はルヴァン杯があります(3/15 ルヴァン杯柏戦)

 昨日(3/15)からルヴァン杯が始まりました。昨季はリーグカップには参加する資格がなかったので、名前がルヴァン杯と変わってからの参加は初めてになります。ただ全ての試合が水曜に行われるので、グループリーグを突破してくれないと生観戦は難しいのですが。

<Jリーグルヴァン杯予選グループ第1節 於 日立柏サッカー場>

 清水エスパルス 0ー1 柏レイソル

 試合の映像は、開始早々の柏の先制ゴールとセットプレーからのデュークのヘッドしか見ていません。ですので評価は他の方にお任せします。まあツイッターで見る限りでは、前半は選手を大きく入れ替えた関係もあっていいところがなかったのが、ハーフタイムでの指示と選手交代により後半は持ち直し、決定機も数多く作ったようですね。まあウチはJ1に復帰したばかりで大命題は「J1残留」だと思っているので、その分リーグカップであまり良い成績を残せなかったとしてもそれほど気にする事はないと思います。それに後半の出来は良かったみたいで、それがリザーブメンバー中心に出来たというのは良い事だと思います。立田や飯田といった新人選手が試合経験を積めたのは意義がありますし、デュークや長谷川、村田といった出場機会の少ない選手の試合勘を取り戻させるために一助にもなったと思いますしね。ただ、リーグ戦に出ているメンバーとそうでないメンバーとの差を感じたという意見もチラッとありましたので、そのへんをこの日出た選手は考えて欲しいと思います。

 週末はホームでの鹿島戦です。今のレギュラー組でどこまでやれるのか、楽しみです。

※ブログランキング参加中です

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月14日 (火)

シーズン開幕後の移籍情報

 Jリーグが開幕して既に3節を消化しましたが、3月までは移籍ウィンドウはオープンしているため、3月に入ってからも移籍に関する発表等がされています。エスパ関係では3月に入ってから以下の動きがありました。

 〇移籍

   ピーター・ウタカ(広島へのレンタル移籍終了後広島へ完全移籍) 
   キム・ボムヨン(広島から完全移籍後千葉へレンタル移籍)

 すみません。ウタカについては、ずっと忙しかったためにスルーしていた形になってました。昨シーズンJ1で得点王になりながら広島の構想から外れ、移籍先が決まらずにいましたが、今季はFC東京でプレーする事になり、いったんウチから広島へ完全移籍した後にF東へレンタルで加入する形になりました。ウチはFWにも守備を求めるために構想から外れた形になりましたが、能力は既に実証済なのでウチにとっても脅威になるでしょう。ウチ以外との試合で活躍してくれればと思います。

 で、今日発表されたのがキム・ボムヨンの千葉へのレンタル移籍です。昨シーズンに「SBが足りない」という事で広島からレンタルの形で加入しましたが、守備で少々食いつき過ぎるきらいがあり、なかなか出場機会を得られませんでした。ただあの馬力のあるドリブルは面白いものがあるので、それを千葉で発揮してもらって、今季終了後にクラブが「レンタルバックしたい」と思わせる活躍を見せて欲しいです。

 これで外国人選手枠が一人空きました。これで既に来日しているらしい噂の選手を獲得できます。就労ビザが出るまでは正式発表はお預けかもしれませんが、どんな選手か楽しみです。

※ブログランキング参加中です

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月13日 (月)

粘り勝ち(3/11 新潟戦)

 昨日(3/11)は東日本大震災が起きた日でした。あれから6年もたつのに未だに避難生活をされている事があの震災の爪痕の大きさを物語っているかと思います。そんな中、好きなチームのサッカーを見たり、自分でプレーしたりできる事の有難みを噛み締めたいと思います。

 さて、昨日は5年ぶりで新潟へ行ってきました。新潟は2度惨殺劇を見せられるなど良い思い出がないところだったのですが、何か今年は「行ってみようかな。」と思い立ち、上越新幹線で向かいました。チームとしても2009年以来勝ててないという事で、正直あまり期待してなかったのですが、苦手の地で勝ち試合を見て、タレカツ丼やイタリアンといった新潟グルメを味わう事が出来て、充実した遠征となりました。

<明治安田生命J1リーグ 於 デンカビッグスワンスタジアム>

 清水エスパルス 2ー0 アルビレックス新潟

 

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 6日 (月)

久々のJ1での勝利(3/4 広島戦)

 一昨日はアウェイでの広島戦でした。いきなりの長距離遠征はきつかったので、初めてDAZNで観戦しました。前節、一部の試合が途中で見れなくなるなど悪評ふんぷんだったのである程度覚悟して見たのですが、途中何回か画質が極端に悪くなるのがあったくらいで、それほどストレスを感じずに見る事が出来ました。まあ画質は地デジやスカパーとは比べるべくもないですけどね。

 試合は1-0で勝利。一昨シーズンの山形戦以来約1年半ぶりのJ1での勝利となりました。前節を見る限りでは勝つまでにもう少しかかるかなと思っていたので、ホッとしました。

<明治安田生命J1リーグ 於 エディオンスタジアム広島>

 清水エスパルス 1ー0 サンフレッチェ広島

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月27日 (月)

やはり甘くはなかった(2/25 神戸戦)

 一昨日(2/25)、Jリーグが開幕しました。J1への復帰を果たしたエスパルスは、ホームに神戸を迎えました。

 1週間以上前にAゾーン席が完売するなどチケットの売れ行きは上々。実際、たくさんの人たちがアイスタ日本平を訪れました。JAL様から配られたボードをアウェー席以外の殆どの観客が掲げる様は、壮観でした。が、試合は0-1で惜敗。J1で通用するところとしないところがはっきり見えた分、やはり簡単にはいかないという琴を思い知らされました。

<明治安田生命J1リーグ 於 IAIスタジアム日本平>

 清水エスパルス 0ー1 ヴィッセル神戸

Cimg1278_small

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月26日 (日)

河井、竹内が離脱・・・

 昨日(2/25)、Jリーグが開幕しました。昨日の試合の感想については、ちょっと遅れてしまいますが、明日にアップする予定です。それより、残念なニュースが来ましたので、それについて触れたいと思います。

 昨日の試合の終盤に負傷した河井が左アキレス腱断裂で全治6か月の重傷を負い、先々週の紅白戦で負傷した竹内も右大腿骨挫傷で全治5週間という診断が出ました。

 いきなり昨季のボランチの主軸二人を怪我で欠く事になってしまいました。特に河井は重傷で、本当に残念としか言いようがありません。今季中の復帰を目指しつつ、焦らず治していって欲しいと思います。竹内も、キャンプまでは本当に調子が良いという話だったので残念ですが、何とか4月中旬には復帰できそうなので、こちらも無理せず治療に専念して欲しいと思います。

 さて、チームとしてはいきなりピンチです。フレイレは昨日のプレーを見る限り守備ではやってくれそうですが、攻撃時の展開力には課題を残しています。ただ当面は彼に頑張ってもらって早くアジャストしてもらい、相方には六平を右SBから持ってくるのが無難なところでしょうか。彼には前への推進力がありますからね。あとは枝村を持ってくる考えもありますが、スタミナと守備時の強度がどうかという問題があります。小林監督にとっては頭の痛いところでしょうが、被害を最小限に食い止めるためにも監督の手腕に期待したいと思います。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月14日 (火)

2016年オフの動きその14

 既にチームに合流して一緒に練習を行っており、あとは就労ビザがおりるのを待つだけなんだろうなと思っていた選手の加入が発表されました。

 〇加入

   フレイレ(チャベス(ポルトガル)から完全移籍)

 待ち望んでいた外国人のボランチの獲得です。しかもポルトガルリーグのチームでレギュラーだったと聞いていますので、ついつい期待値が上がっちゃいますね。ただポルトガルではCBでプレーしていたそうなので、ブラジルでボランチでプレーした経験があるとはいえ、まずはボランチの感覚を取り戻す必要があるかもしれません。またJリーグはプレミアほどではないですがプレースピードが速いので、最初はアジャストするのに苦労するかもしれません。ただ中盤の守備の強度を上げるのは今オフの課題だったし、先日の松本山雅とのトレーニングマッチで早くも存在感を示したらしいので、早く馴染んでくれればいいなと思います。

 まだ移籍のウィンドウは開いてますし、小林監督がFWの獲得を望んでいるという話も聞こえているのでどうなるかわかりませんが、まあほぼ戦力は固まったのかなと思うので、ここで今オフの動きについての感想を書きたいと思います。

 即戦力として野津田、六反、カヌ、フレイレを獲得し、さらに大卒の飯田もアピールしていて、補強ポイントはある程度押さえられたかなと思います。退団した選手が多いのに目を奪われがちですが、予定外の二人を除けばまあしょうがないかなという感じなので、収支はさほどマイナスにはなっていないかなと思ってます。ただ予定外の二人、大前、三浦の流出があった分、少なくとも及第点はあげられないかなという気はしますね。

 幸いなのは、残った選手が「また落ちるわけにはいかない」と危機感を持ってくれているのが伝わってくる事と、去年の今頃と違って今年はチームとしての積み上げがある分チームとしての仕上がりが順調なようである事ですね。前述の新加入選手も早くも存在感をアピールしているみたいですし、あとは誰も大きな怪我をせずに開幕戦に臨む事ができれば、と思います。

※ブログランキング参加中です

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 7日 (火)

突然、スーパーボウルの話

 サッカーの試合ではないのですが、あまりにすごい試合を見たので、感想を書いておこうと思います。

 日本時間で昨日(2/6)の午前中に、アメリカンフットボールの頂上決戦、スーパーボウルが行われました。試合は延長戦(オーバータイム)の末に、ニューイングランド・ペイトリオッツがアトランタ・ファルコンズを下し、5度目の優勝を果たしました。

 昨日は一切の情報を遮断して、家に帰ってから見ました。前半はとにかくファルコンズが完全にリズムをつかんでタッチダウンを3つ奪ってリード。ペイトリオッツは全くリズムがつかめませんでした。後半に入っても最初のタッチダウンを奪ったのはファルコンズで、この時点で25点差がつきました。何とか第3クオーターのうちにペイトリオッツがタッチダウンを返しましたが、このままファルコンズが勝つんだろうなと思ってました。

 ところがそこからペイトリオッツが猛反撃を仕掛け、2タッチダウンを奪取して8点差。さらに残り1分というところでさらにタッチダウンをあげ、さらに2ポイントコンバージョンまで決めて同点。スーパーボウル史上初のオーバータイムでは、ペイトリオッツが先にタッチダウンを決めて、サッカーで昔あったVゴール勝ち!見事な大逆転優勝を果たしました。

 まあサッカーで表現するなら、70分過ぎまで4点リードしていたのを残り20分で4点返して同点に追いつき、延長戦でVゴール勝ちするようなものですからね。ちょっとビックリです。第4クォーターの途中からは追いつきそうな雰囲気がプンプン漂ってましたからね。サッカーでもいかに流れをつかむかが重要になりますが、そこはアメフトも同じなんだなぁというのを強く感じました。

 まあ僕はNFLはポストシーズンの何試合かとあとスーパーボウルしか見ないニワカなんですけど、楽しませてもらいました。優勝したペイトリオッツはもちろんファルコンズもまた来年良いチームを作ってきて欲しいなと思います。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«2016年オフの動きその13