2019年1月13日 (日)

2018年オフの動きその11

 一昨日(1/11)新体制発表の記者会見が行われ、昨日(1/12)は松原、立田、六反の3選手がTGCに参加、そして今日(1/13)はレジェンドマッチと、新シーズンに向けていろいろな話題を提供しているエスパですが、今日のレジェンドマッチと同じ頃に選手獲得に関するリリースがありました。

 ○加入

  ヴァンデルソン(アトレチコ・パラナエンセから期限付き移籍)

 ○復帰

  楠神順平(山形への期限付き移籍満了)

 1月に入って報道のあったヴァンデルソンの加入が発表されました。ずっとブラジルでプレーしてきたCBの選手で、186cmの身長を持ちスピードにも自信を持っているとの事。立田にとっては強力なライバルの加入となりますね。ブラジル国外でのプレーは初めてという事で、細かなポジショニングや体の向きも指摘するヨンソン監督の指導スタイルにアジャストできるかという懸念はあるものの、実績は確かなようなので期待したいと思います。

 それと新体制発表時に出されたメンバー表に楠神の名前が入っていました。山形への期限付移籍が満了になった事だけ発表されていて、移籍先を探しているというウワサもあったのですが、今のところはエスパでプレーする事になった模様です。村田が抜けて突破型のサイドアタッカーが少なくなっていたので、実績のある楠神の復帰は心強いところ。チームが始動したらアピールを頑張って欲しいと思います。

 もう1人獲得報道があったブラジル人や京都へ期限付移籍していた呉の動向が不明ですが、今週にははっきりすると思われます。それが発表されたところで今オフの動きを見ての感想を書きたいと思います。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月11日 (金)

2018年オフの動きその10

 それでは選手に関する話について。3人の選手に関してリリースがありました。

 ○退団

  クリスラン(ブラガからの期限付移籍満了)

 ○移籍

  増田誓志(ソウルイーランドFCヘ期限付移籍)

 ○加入

  エウシーニョ(川崎から完全移籍)

 まずクリスランについては、まあ既定路線ではあると思うのですが、残念ですね。前半戦は前線で体を張り続けてくれたし、ドウグラスの加入でスタメンを外されてもクサる事なくプレーし続けてくれましたから。そしてやっとスタメンのチャンスを得たと思ったところにあの大怪我ですからね。ブラジルの報道ではエスパでのプレー続行を望んでいたと漏れ伝わっていますが、さすがにブラガから買い取るほどの資金はなかったみたいで、申し訳なくもありますね。現在は六月復帰に向けてリハビリ中との事。日本でのプレーを希望しているとも聞いていますので、もしかしたらアイスタ日本平で敵としてあいまみえるかもしれません。その時は歓迎の拍手を贈りたいですね。

 次に増田についてですが、クリスラン以上にめぐり合わせが悪かった感があるので、彼が残してくれたコメントを読んで、ますます申し訳ない気になっています。特に昨年なかなか勝てない時期には「なぜ増田が使われないんだ?」という声が多数ありましたが、僕はヨンソン監督が求める中盤の真ん中の選手に求める能力が、従来の日本人がイメージするボランチ像と若干異なるからと考えていました、つまり従来のボランチ像だと真ん中をきっちり締めて最終ラインを助け、バランスを保ちながらサイドへの散らしなどで攻撃にアクセントを付けるという感じだと思うのですが、ヨンソン監督は前後、特に前へ積極的に飛び出すいわゆるBox to Boxの動きが出来る選手を求めていたのではないかと思ってます。イングランドの古典的な4-4-2でのセンターMFのイメージですかね。だから竹内、河井が使われ白崎がコンバートされて使われる一方で、増田には前への動きの部分で物足りなさを感じたのではないかと。だから本当にめぐり合わせだと思っているので、彼ほどの選手を使いきれなかったのは残念だったとも感じています。一方で彼のトレーニングで見せていたであろうプロ意識に触発された若手は多いと思いますし、一昨年の神戸ユニバでの増田の逆転ゴールがあったからこそ今があるので、エスパに残してくれたものは決して少なくないと思います。いつかJリーグで相まみえる事ができる事を祈っています。

 最後に加入のお知らせ。最終節の翌日に報道がなされた時には半信半疑だったエウシーニョの加入が発表されました。川崎のリーグ二連覇に貢献し、二年連続でベストイレブンにも選ばれた右SBです。確かに右SBはここ数年固定できずにいたし、立田の将来の事を考えると重要な補強ポイントではあったのですが、まさかそこにエウシーニョを引っ張ってくるとは思いませんでした。これだけでも今オフの強化部の働きには満点をあげてもいいのではと思いますし、「久米さんもすごい置き土産を残していったな」って感じです。彼がどのようにエスパのスタイルにはまっていくかはまだわかりませんが、エウシーニョと松原が両サイドをガンガン上がってSHの金子、石毛らと絡みながら相手守備組織を蹂躙する姿を妄想するだけでヨダレが出ます(汗)。プレーを見るのが楽しみです。

 明日は新体制発表記者会見です。まだ未発表の選手もいますが、どんな話が出て来るかを楽しみに待ちたいと思います。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月10日 (木)

2018年オフの動き(番外編?その2)

 新体制発表を明日に控えたせいか、今日(1/10)はいろいろな発表がありました。その中でまずはこちらから。

 元日本代表でエスパルスでも活躍された森岡隆三氏のアカデミーアドバイザー就任が発表されました。

 昨年のW杯中断明けの最初のホームゲームやダービーに観戦に来ており、クラブと良好な関係を保っている事は伝わってきましたが、このタイミングでクラブスタッフとして復帰してくれるとは思わなかったので、嬉しい驚きです。何回かここでも書いてますが、彼と俊秀、戸田の3人で組む3バックは見ていて楽しかったし、好きな選手でしたからね。

 現在のアカデミーは、伊達さんと山下さんが中心になって回してきて、北川などの良い選手を定期的にトップに上げられる体制を築いてきていますが、まだまだ改善すべきところもあると思うので、森岡さんがいくつかのクラブで見てきた事を元に意見してもらう事で良くなる部分も多々あると思います。期待したいですね。

 選手の関連の話は別の記事で書きます。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アジアカップ トルクメニスタン戦

 W杯の翌年の一月には男子のアジアカップが行われます。そのアジアカップの日本にとっての初戦が行われ、日本がトルクメニスタンを3-2で下して白星スタートとなりました。

 実は森保監督になってからの日本代表の試合を観るのは初めてです。ウルグアイに勝つなどして「強いぞ」と騒がれていたので、「さて、どんな感じかな」と思っていましたが、観終わって感じたのは「いつもの男子A代表じゃん。」って事でしたw。

 まず前半があまりにも一本調子というか、トルクメニスタンが5-4-1でガチッと真ん中を固めているのに、同じようにタテパスを入れて同じようにミス等でロストしてカウンターを受ける事の繰り返し。確かにブロックの間でタテパスを受けるのは有効な手段なのですが、ブロックを広げる努力を全くしないでタテに入れても全く意味がありません。あまりに教科書通りのプレーをし過ぎという印象でした。

 それでも攻撃は森保監督の指示により早めにウラを狙ったりサイドを使うようにする事で揺さぶりをかけて3得点する事が出来たので、それほど心配する必要はないと思うのですが、守備に関してはバラバラというかどう守りたいのかが見えませんでした。1失点目はその最たるものだし、2失点目も確かに北川があの位置でロストしたのは問題なのですが、両CBがあんな「門」を作ってたら話にならないし、ボランチの二人も行方不明だし、何やってんだかって感じでした。失礼ながらトルクメニスタンだからあの程度で済んだと思うし(ただ思った以上に良いチームでしたけどね)、あのガタガタな守備じゃオマーン、ウズベキスタンにはもっとやられますよ。とにかく守備を徹底的に見直して欲しいです。

 で、「僕らの北川航也」については、今回はほろ苦い結果となってしまいましたが、これを薬にしてメゲずに頑張って欲しいです。でも1トップのすぐ下のシャドウならまだしも、4-2-3-1のトップ下を務める適性があるかについては、疑問なんですけどねぇ。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 9日 (水)

2018年オフの動き(番外編?)

 今日(1/9)は選手の獲得や移籍に関する公式リリースはなかったのですが、クラブスタッフの強化に関わる動きがあったので、まずはそれについて。

 昨シーズン現役を引退した兵働のエスパルスのクラブスタッフ入りが発表されました。また昨シーズン契約満了により退団した植草が現役を引退し、同じくエスパルスのクラブスタッフに入る事も発表されました。2人とも強化部に入り、スカウトとして仕事をする事になるようです。

 兵働については、それらしい話があった事を本人が話していたので、「入ってくれるならスカウトなんて似合うんじゃないか」と勝手に思っていました。その通りになって「我が意を得たり」って感じです。いろんなクラブを渡り歩いていろんな選手と接してきた経験を活かしてくれればと思います。

 植草については、まずエスパで現役を終える選択をしてくれた事に感謝したいです。当初は現役を続けたいという気持ちもあったはずなので。それとスカウトに就く事になったのは久米さんのお声掛かりもあったからとの事で、人の縁って大事だなと思いますね。彼もいろんなクラブを渡り歩いてきた経験があるので、それを活かしてくれればと思います。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 8日 (火)

2018年オフの動きその9

 今日(1/7)の大きなニュースをもう1つ。昨年から一部で報道があった村田の柏への移籍が発表されました。

 ○移籍

  村田和哉(柏へ完全移籍)

 いやぁ、生え抜き以外の選手で彼ほど愛された選手はいないんじゃないですかね。’13年の途中に加入し、日本人にはなかなかいないサイド突破を武器にするアタッカーという事で、ゴトビ元監督にスーパーサブとして重用され、スピードを活かしたサイド突破で何度も局面を変えてくれました。特に’14年のアウェイでの川崎戦での決勝ゴールは今も印象に残ってます。また持ち前のポジティブ・シンキングでムードメーカーとしてもチームを支え、さらにサポや地域との交流も積極的に行ってくれた事も、彼が愛された要因だと思います。

 ただ、そのプレーの幅の狭さゆえに近年は苦労していたという印象もあります。タテを切られると詰まってしまう場面も多々あったし、特に昨季はSHにいろんなタスクが要求されていたのでその分出場機会も減ってしまったし、失礼な言い方をすれば「使い所が難しい選手」になってしまったかなという気がしていました。ですので今回彼が移籍という決断をした事には驚きはないです。どんなにクラブや地域に愛着を持ってくれていたとしても、まず選手が考えるのは「どこでプレーするのが自分にとって良いか」だと思うので、柏が村田がより活きるビジョンを提示したのなら、そこでプレーしたいと思うのは当然だと思うので、そこは彼の決断を尊重したいです。

 とにかく、約6年間ありがとうございました。新天地での活躍を祈ってます。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 7日 (月)

大榎氏がGM就任

 今日(1/7)は大きなニュースが2つありましたが、まずはこちらから。久米副社長が亡くなられたあと空席となっていたゼネラル・マネージャーに、ゼネラル・マネージャー補佐だった大榎氏が昇格する形で就任する事が発表されました。

 去年の2月からゼネラルマネージャー補佐を務めていたので、いわば既定路線だったと思います。ただ個人的にはもう1年久米さんの下で学んでからの方が良かったな、とは思っています。どうしてもトップチームの監督時代の印象が残ってますからね。僕も当時このブログでボロクソに言ってましたし。そんな大榎さんが、あの百戦錬磨の代理人達と丁々発止していけるのか、という不安はどうしてもあります。

 とはいえ、大榎さんの清水、静岡、エスパルスを愛する気持ちが確かである事は、クラブ発足後最初に契約してくれた事などからもうかがい知る事が出来ます。また昨年のドウグラス獲得にあたっては、大榎さんが久米さんに提案し、自ら交渉にあたったと聞いています。しばらくは左伴社長や他の強化部スタッフを頼りにする事になるかもしれませんが、クラブの強化のために頑張って欲しいですね。

 村田の話については、次の記事で書きます。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 6日 (日)

2018年オフの動きその8

 年明け後、契約更改以外でのクラブからのリリースはありませんでしたが、今日(1/5)1件ありました。

 ○移籍

   新井栄聡(金沢へ期限付き移籍)

 昨年加入したGKの新井が育成型期限付移籍で金沢へ行く事が発表されました。GKは植草が抜けたものの高木和が復帰してユースから梅田君も昇格して5人となるので、どうなるのかなと思っていましたが、新井を修行に出す事になりました。GKも試合に出てナンボだと思うので良い話だと思いますし、昨季の高木和と違ってチーム始動から入る事になるので、そこでアピールできればチャンスはあると思います。レギュラーとして頑張って、今年のオフに金沢から「残って欲しい」と言われるくらいになるのが理想だと思います。頑張って欲しいですね。

 昨季期限付移籍していた選手でまだ去就が発表されていない選手が二人いますが、昨季所属していた選手の契約更改は順調に進んで、こちらも残りは数人なので、基本的には移籍による退団はもうないと思われます(もちろん何があるかわかりませんが。)。一方加入に関しては、報道ベースで待望の新外国人CBの名前が出されており、また去年から報道されていた右SBのブラジル人選手も再来日の日が報道されています。だいぶ今年のチームの骨格が見えてきましたが、この二人に関するコメントは正式発表があり次第アップします。

※ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 1日 (火)

謹賀新年

 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

 まずエスパルスですが、昨年は久々に一けた順位に入るというポジティブなシーズンとなり、復権へ向けて拙いながら第一歩を踏み出した年となりました。とはいえ、今年また下位に低迷するようでは意味がなく、昨季踏み出した歩みを続けなくてはなりません。なかなか思うようにいかない事もあるかもしれませんが、昨季築いたベースを信じて頑張って欲しいです。

 僕個人はどうにもこうにも仕事が忙し過ぎたので、もう少し落ち着いた生活に戻したいのですが、なかなか思うようにはいかないようです。とはいえあまり仕事に振り回される事なく、マイペースに過ごしたいな、というのが年頭にあたっての所感です。(ポジティブな内容でなくてすみません(汗))

 本ブログもそんな感じでマイペースにやっていきたいと思いますので、引き続きお付き合い頂ければ幸いです。

※ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月29日 (土)

2018年オフの動きその7(ちょっと長文)

 今日も大きな動きがありました。

 ○移籍

   白崎凌兵(鹿島へ完全移籍)

 ○復帰

   高木和 徹(千葉への期限付移籍満了後復帰)

 まずはエスパに復帰する事になった高木和について。今年の3月に育成型期限付移籍で千葉へ行ったものの、出場機会を得る事なく復帰する事になりました。ただ千葉では結構足元でのプレーを要求されたと思われ、今のエスパもペイトンコーチが入ってからGKからつなぐ事を意識するようになっているので、千葉でのトレーニングの成果を見せられるかもしれません。六反、西部の壁は厚いですが、頑張って欲しいです。

 もう一つはかねてから報道のあった白崎の移籍。以下、それに関して感じた事を書きます。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«2018年オフの動きその6